低炭素社会戦略センター

文字サイズ変更

低炭素社会の実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書

技術普及編

電力系統・安定化

低炭素技術の進展・研究開発の方向性を提示する新たな取り組みとして、「エネルギー供給源の多様化に対応した低炭素技術の統合的な評価」が重要な視点となる。特に、再生可能エネルギー導入のために解決すべき「送電網の強化」に向けた課題について分析を進め、提言を行う。具体的には、再生可能エネルギー大量導入 に伴って生じる電力系統の周波数、電圧、過渡安定度の問題に対し、送電線、連携線の強化、系統制御技術の向上、蓄電池等の導入、需要側のデマンドレスポンスの導入による問題解決を検討した。

FY2017-PP-17

地域電力事業者の運用改善のための蓄電資源導入に関する研究(平成30年3月発行)

FY2016-PP-13

リアルオプション法による太陽光発電事業のリスク分析と新たな普及促進制度の設計に関する研究(平成29年3月発行)

PDFダウンロード
(974KB)

FY2016-PP-14

消費者の限定合理性を考慮した燃料電池の普及予測(平成29年3月発行)

PDFダウンロード
(963KB)

FY2016-PP-15

再エネ出力の不確実性を考慮した電源運用計画モデルに関する研究 —蓄電池導入による発電費用低減策のケーススタディ—(平成29年3月発行)

PDFダウンロード
(1.32MB)

FY2016-PP-16

再生可能電源大量導入による電力系統の安定性確保と脱炭素化の可能性に関する分析 —九州地域のケーススタディ—(平成29年3月発行)

PDFダウンロード
(988KB)

FY2015-PP-10

燃料電池設置型一括受電集合住宅において電力融通を行う際の経済性の評価(平成28年3月発行)

FY2015-PP-17

再生可能エネルギー大量連系時における需給制御システムの提案(平成28年3月発行)

FY2015-PP-18

九州地域における太陽光発電大量導入と過渡安定度を考慮した電力システムの新しい経済的負荷配分制御の研究(平成28年3月発行)

FY2015-PP-19

既存電源および電気自動車の活用を考慮した周波数調整市場の設計とその経済性評価(平成28年3月発行)


LCS社会シナリオ・総合編

これまで LCS が取り組んできた「低炭素社会の実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書」のポイントや最新の研究成果をまとめたものです。

総合編

ページの先頭に戻る