低炭素社会戦略センター

文字サイズ変更

低炭素社会の実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書

技術開発編

データ活用型材料研究(マテリアルズ・インフォマティクス)

データ活用による材料科学分野である「予測モデル」の進化は、開発の試行錯誤のサイクルを従来以上に効果的にし、ひいては材料開発の加速につながるものと期待される。そのためにはデータの蓄積と体系化が不可欠である。LCSではこの観点から、データベースと計測・分析が、予測モデルを三位一体的に運用し、効率的な研究開発を遂行する「データ活用型材料研究」のコンセプトを提案した。さらに低炭素社会構築に資する材料の開発で用いられるデータ空間構造を試行的に概観した。

FY2017-PP-13

シンセティック材料設計—1D CAEとデータ活用型材料研究の融合—(平成30年2月発行)

FY2015-PP-09

低炭素社会実現に向けたデータ活用型材料研究(Vol.2)(平成28年3月発行)

FY2014-PP-12

低炭素社会実現に向けたデータ活用型材料研究(平成27年3月発行)

PDFダウンロード
(712KB)


LCS社会シナリオ・総合編

これまで LCS が取り組んできた「低炭素社会の実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書」のポイントや最新の研究成果をまとめたものです。

総合編

ページの先頭に戻る