低炭素社会戦略センター

文字サイズ

2016年05月23日

icon. ホーム > お知らせ > イノベーション政策立案のための提案書を公開しました(19冊)。

イノベーション政策立案のための提案書を公開しました(19冊)。

低炭素社会実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書

<技術開発編>
・太陽光発電システム(Vol.3)—定量的技術シナリオに基づくコスト低減技術評価(タンデム型を含む高効率化合物系太陽電池)—
・蓄電池システム(Vol.3)—リチウム空気電池のコスト評価と技術開発課題—
・固体酸化物形燃料電池システム(Vol.3)—将来の電源構成におけるSOFCの役割と技術開発課題—
・固体高分子形燃料電池用非白金触媒の特徴と課題
・地熱発電(Vol.2)—高温岩体発電の発電コスト試算—
・木質バイオマス燃料のコスト低減—林業素材生産コストの機械化推進による低減効果—
・バイオマス廃棄物のメタン発酵(Vol.3)—反応解析によるプロセス合理化の検討—
・CCS(二酸化炭素回収貯留)の概要と展望—CO2分離回収技術の評価と課題—
・低炭素社会実現に向けたデータ活用型材料研究(Vol.2)

<社会システム編>
・民生家庭部門の省エネルギー促進からの低炭素社会実現(Vol.2)
・太陽光発電における出力抑制が与える事業影響評価
・省エネルギー型空調の実現に向けた脳活動計測による温熱感覚の評価
・持続可能な社会に向けた施策の有効性判断に資する指標評価の構築

<技術普及編>
・民生部門の省エネへ向けた「電気代そのまま払い」—実証実験の経過と日本・世界の動向—
・エネルギー需要見通しから見る低炭素社会に向けた課題と展望
・燃料電池設置型一括受電集合住宅において電力融通を行う際の経済性の評価
・再生可能エネルギー大量連系時における需給制御システムの提案
・九州地域における太陽光発電大量導入と過渡安定度を考慮した電力システムの新しい経済的負荷配分制御の研究
・既存電源および電気自動車の活用を考慮した周波数調整市場の設計とその経済性評価

>> 提案書を見る