低炭素社会戦略センター

活動の進め方・内容

低炭素社会戦略センター (LCS)では、活動の成果を、低炭素社会の実現に向けて活動する個人、企業、地方自治体、国などに向けて積極的に発信しています。

  • 定量的経済・社会シナリオでは同様に、既存技術システムの技術進歩の進捗を取り入れながら、環境モデル都市や環境先進都市等と連携し、経済・社会制度などの効果や普及性を社会実験で確認するとともに、シナリオの実現性を検証します。

  • 定量的技術シナリオでは、大学、企業、研究機関等で行われている革新的技術開発の動向、既存の技術システムの技術進歩の進捗等を取り込みながら、技術の構造化や技術目標の提示などを行います。

  • 社会システムの構築では、環境モデル都市等を対象に小規模の市町村から中規模、大規模の都市までをモデル化し、社会システムの設計・評価を行います。得られた成果は構造化し、低炭素社会戦略センター (LCS)内外で活用できる定量的データベースとして構築します。

活動の発信