低炭素社会戦略センター

文字サイズ変更

LCSについて

持続可能な開発目標(SDGs)とLCSの取組

LCSの社会シナリオとSDGs関連項目

低炭素社会戦略センターの強みから考えるSDGsへの貢献

  1. LCSのどの業務の柱も低炭素技術の社会利用を取り上げており、それらが複数のSDGsの項目に貢献する。
  2. 定量的技術システムにおいては、プロセス/コストエンジニアリング手法により、詳細な技術の設計評価の積み上げを行っている。この手法により、SDGsに関する評価を可能とする詳細データを提供することが出来る。また、将来技術についてのSDGsに沿った評価までも可能となり、技術開発・導入判断にSDGsが用いられる場合に有用である。
  3. 定量的経済・社会システムにおいては、技術の社会実装実践までを含めて、最適システムを検討しており、社会につながっているという点で、広くSDGsの項目に関連している。

ページの先頭に戻る