低炭素社会戦略センター

文字サイズ変更

LCSについて

山田 興一(やまだ こういち)

  • 役職
    研究顧問
  • 専門分野
    電気化学、化学システム工学、地球環境工学
  • 所属学会
    化学工学会、日本工学アカデミー

略歴

1962年横浜国立大学工学部電気化学科卒業。1982年東京大学工学博士取得。1962-1996年住友化学工業㈱勤務。東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻教授、地球環境産業技術研究機構理事、東京大学理事などを経て、2009年より東京大学総長室顧問。また、2009年国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)低炭素社会戦略センター(LCS)副センター長に就任、2019年より現職。

研究実績

研究論文195本

著書

2018年度 New Vision 2050 (Springer)
2016年度 『新ビジョン2050-地球温暖化、少子高齢化は克服できる-』(共著/日経 BP社)
2014年度 『日本未来図2030-20人の叡智が描くこの国のすがた-』(共著/日経 BP社)
2011年度 『電力危機』(共著/ディスカヴァー・トゥエンティワン)
2002年度 『太陽光発電工学』(共著/日経BP社)
1993年度 『地球環境のためのエコマテリアル入門』(編著/オーム社)

他13冊

ページの先頭に戻る