低炭素社会戦略センター

文字サイズ変更

LCSについて

田中 加奈子(たなか かなこ)

  • 役職
    主任研究員
  • 専門分野
    地球環境工学 エネルギーシステム工学
    エネルギー、気候変動対策技術評価・政策分析

略歴

1999年 東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻 博士(工学)取得
1999年 地球産業文化研究所 研究員
2002年 英国ティンダル気候変動研究センター
シニアリサーチフェロー
2004年 日本エネルギー経済研究所 省エネ・環境ユニット研究員
2006年 国際エネルギー機関(IEA) 省エネ政策アナリスト
2010年より 現職
1999年~現在 IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第三次、第四次、第五次、及び作成中の第六次評価報告書、各種特別報告書について、代表執筆者、査読編集者、査読者、編集者、政府代表団メンバー等で深く関わる。IPCCが受賞した2007年ノーベル平和賞に貢献者として登録される。

他、内閣府総合科学技術・イノベーション会議重要課題専門調査会委員、経済産業省産業構造審議会地球環境小委員会委員 など。

研究実績

2018年 Kanako Tanaka, Ryuji Matsuhashi and Koichi Yamada, “Global value chain assessment based on retrospectively induced economic costs associated with technology application: A case study of photovoltaic power system in Japan”, Journal of Cleaner Production, Elsevier, Vol.181, pp 460-472, 2018
2018年 田中加奈子、地球温暖化緩和技術のバリューチェーン評価と統合的貢献アプローチ(Integrated Contribution Approach)(Vol.2)—ケーススタディ:太陽光発電システム、CO2排出量, FY2017-PP-21, エネルギー消費量の評価—, 低炭素社会の実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書, Februrary 2018
2017年 田中加奈子、地球温暖化緩和技術のバリューチェーン評価と統合的貢献アプローチ(Integrated Contribution Approach)—ケーススタディ:太陽光発電システム—, FY2016-PP-21, 低炭素社会の実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書, March 2017
2016年 Kanako Tanaka, Ryuji Matsuhashi and Koichi Yamada, “An Integrated Contribution Approach Focusing on Technology for Climate Change Mitigation and Promotion of International Technology Cooperation and Transfe”, Low Carbon Economy, Vol.7 No.2, pp 71-87, June 2016
2015年 田中加奈子、温暖化対策のためのIntegrated Contribution Approach(統合的貢献アプローチ)の中で検討した途上国における太陽光発電システム利用の発電及びCO2排出削減ポテンシャル評価, FY2014-PP-15, 低炭素社会の実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書, March 2015
2014年 田中加奈子、温暖化対策における技術に着目したIntegrated Contribution Approach(統合的貢献アプローチ)と他国への技術協力の在り方への提言 , FY2014-PP-02, 低炭素社会の実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書, April 2014
2012年 田中 加奈子, 磐田 朋子, 木村 道徳, 加藤 大輔, 松橋 隆治, 山田 興一、電力供給不足の解消に向けた 「停電予防連絡ネットワーク」 システム構築と節電効果の実証研究、日本エネルギー学会誌、Vol. 91, No. 9, pp. 900-908, 2012
2011年 Kanako Tanaka, “Review of policies and measures for energy efficiency in industry sector”, Energy Policy (Elsevier), 39, 10, pp. 6532-6550, 2011
2008年 Kanako Tanaka, “Assessment of energy efficiency performance measures in industry and their application for policy”, Energy Policy (Elsevier), 36, 8, pp. 2887-2902, 2008
2005年 田中加奈子 佐々木宏一 工藤拓毅 “効率化技術による二酸化炭素削減ポテンシャルの部門別評価—地球温暖化の国際枠組み構築のための評価指標の検討—”, エネルギー経済 (日本エネルギー経済研究所), Vol. 31, No. 4, 2005, p 61-81
2000年 Kanako Tanaka, Chinju Wen, Koichi Yamada, “Design and evaluation of combined cycle system with solid oxide fuel cell and gas turbine”, Fuel (Elsevier Science), 79/12,pp1493-1507, 2000
1998年 田中加奈子, 温慶茹, 山崎章弘, 山田興一、固体酸化物燃料電池の高効率化運転条件とシステム評価, 化学工学論文集, 24(4), pp.597-602 , 1998

著書

2014年 Fischedick M., J. Roy, A. Abdel-Aziz, A. Acquaye, J.M. Allwood, J.-P. Ceron, Y. Geng, H. Kheshgi, A. Lanza, D. Perczyk, L. Price,E. Santalla, C. Sheinbaum, and K. Tanaka, (共著)2014: Industry. In: Climate Change 2014: Mitigation of Climate Change. Contribution of Working Group III to the Fifth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change. Cambridge University Press, Cambridge, United Kingdom and New York, NY, USA.,2014
2011年 山田興一、田中加奈子 (共著)電力危機, ディスカバー21, 2011年6月, ISBN: 978-4-7993-1028-1
2007年 Bernstein, L., J. Roy, K. C. Delhotal, J. Harnisch, R. Matsuhashi, L. Price, K. Tanaka, E. Worrell, F. Yamba, Z. Fengqi, (共著)Industry. In Climate Change 2007: Mitigation. Contribution of Working Group III to the Fourth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change [B. Metz, O.R. Davidson, P.R. Bosch, R. Dave, L.A. Meyer (eds)], Cambridge University Press, Cambridge, United Kingdom and New York, NY, USA. 2007
2007年 Gielen D., K. Bennaceur, T. Kerr, Cl Tam, K. Tanaka, M. Taylor and P. Taylor. (共著) “Tracking Industrial Energy Efficiency and CO2 Emissions”, IEA, 2007
2002年 分担執筆:1章「地球温暖化の知見をまとめる動き」, Eco-ing.info Vol.1No.1, (ISBN 978-4879505521 ) pp 142-151, 2002, 清水弘文堂書房, 191pp
2001年 IPCC Third Assessment Report, as one of Lead Author for Technical Summary of “Climate Change 2001: Mitigation” (ISBN 0-521-01502-2); In the Extended Writing team for “Climate Change 2001: Synthesis Report” (ISBN 0-521-807700) (共著)
2001年 分担執筆:第一章一節、「地球環境問題」, 佐藤 登 (監修), 山田 興一、新エネルギー自動車の開発と材料 (地球環境シリーズ)  (ISBN 4-88231-307-3), シーエムシー出版, pp 3-15, 2001
2000年 R. Pachauri, T. Taniguchi and K. Tanaka, (編著者), “The Third Assessment Report – Cross Cutting Issues Guidance Papers” (ISBN 4-9980908-0-1), 2000, IPCC, 138pp.
2000年 分担執筆:IPCCについて, 地球産業文化研究所 (著), 平岩 外四 (監修) 、“地球環境〈2000‐’01〉CO2から環境ホルモンまで”, (ISBN 978-4887018556), 2000, ミオシン出版, 335pp.

学会発表等

2017年 田中加奈子, 井上智弘, 松橋隆治, 山田興一, 地球規模の技術普及と政策示唆のためのバリューチェーン評価 ケーススタディ:太陽光発電システム, 第36回エネルギー・資源学会研究発表, 東京、2017年 6月
2007年 Kanako Tanaka, “Assessment of measuring energy efficiency performance in industry – case study: iron and steel industry”, Proceedings of 2007 ACEEE Summer Study on Energy Efficiency in Industry, 24–27 July, 2007, White Plains, New York.
2006年 Kanako Tanaka, Ryuji Matsuhashi, Masahiro Nishio, Hiroki Kudo, “CO2 Reduction Potential by Energy Efficient Technology in Energy Intensive Industry”. Industry Expert Review Meeting to the Fourth Assessment of Working Group 3 IPCC, Cape Town, 17-19 January 2006.
2003年 Kanako Tanaka, Meinrad Burer , Daniel Favrat, Koichi Yamada, “Multi-criteria optimisation of on-site heating, cooling and power generation with solid oxide fuel cell - gas turbine combined cycle units”, Proceedings of 6th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies (GHGT-6) by IEA, 1-4 Oct, Kyoto, Japan, 2002, GREENHOUSE GAS CONTROL TECHNOLOGIES, 2003.
1999年 Kanako Tanaka, Chinju Wen, Koichi Yamada “Design and evaluation of polymer-electrolyte and direct-methanol fuel cells for electric vehicles”, the proceedings of 16th International Electric Vehicle Symposium, Beijing, China, October 1999
1995年 田中加奈子, 脇一太郎、中田健、六平雅樹、熊切泉、亀山寛達、山田興一, 燃料電池発電システムの設計及び評価, 第11回エネルギーシステム・経済コンファレンス講演論文集, 1995,p125-130(1995年1月 東京)
1994年 田中加奈子, 山田興一, 環境調和型都市像の設計と評価その1(従来型都市と新都市とのエネルギー消費量比較), 第10回エネルギーシステム・経済コンファレンス講演論文集, 1994, p95-98(1994年1月 東京)

招聘発表者としての会合参加

2017年 UNFCCC, thematic dialogue on industrial energy efficiency and material substitution in carbon intensive sectors, Bonn, Germany, 29 March 2017
2016年 Japan-America Frontiers of Engineering Symposium, “An Integrated Contribution Approach for Climate Change Mitigation and Promotion of International Technology Cooperation and Transfer”, flash talk and poster presentation, 16-18 June 2016, Irvine, California, USA
2015年 化学工学会第46回秋季大会環境部会システム分科会シンポジウム「IPCC第5次報告書と気候政策」、札幌、2015年9月
2015年 環境パートナーシップ・CLUB(EPOC/エポック)低炭素社会分科会:「気候変動への取り組みをどう考えるか」、名古屋、2015年2月
2014年 エネルギー・資源学会 平成26 年度第1回講習会:「IPCC第5次評価報告書第3作業部会10章「産業」」、東京、2014年11月
2014年 6th Atlantic Workshop on Energy and Environmental Economics (AWEEE), “Integrated Contribution Approach focusing at Technology for Climate Change Mitigation and Promotion of International Technology Cooperation and Transfer”, A Toxa, Spain,23-29 June 2014
2011年 JWEF奨励賞授賞式シンポジウム:「明るい未来に向けて~省エネ、次世代エネルギーの役割」、東京、2011年9月
2011年 持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラムISAP 2011専門家ワークショップ:「停電予防連絡ネットワークについて」、横浜、2011年7月
2002年 Tyndall potential for biomass research, 2002 Shenyang International Seminar on Sustainable Energy, Transportation and Agroforestry (SETA), Shenyang China, Oct 2002
2002年 Renewable energy and climate change at Annual Oxford Petrobras Conference 2002 “Energy and the environment in Brazil” by Centre for Brazilian Studies in University of Oxford, May 2002

主な委員会活動

2018年~ 内閣府 総合科学技術・イノベーション会議重要課題専門調査会委員
2014年~ 産業構造審議会地球環境小委員会 委員
2017年~ 文部科学省 環境エネルギー科学技術委員会 委員
2015年~ エネルギー資源学会 企画実行委員
2013年~ 産業構造審議会産業技術環境分科会地球環境小委員会製紙・板硝子・セメント等WG 委員
2013年~ 産業構造審議会産業技術環境分科会地球環境小委員会電子・電機・産業機械等WG 委員
2005年~ 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)国内連絡会 委員
2015年~2017年 内閣府 エネルギー環境イノベーション戦略策定・推進ワーキンググループ 構成員
2015年~2017年 環境省 CO2削減ポテンシャル診断事業に係る検証・評価委員会 委員
2013年~2017年 内閣府 総合科学技術・イノベーション会議 エネルギー戦略協議会 構成員

寄稿

2016年 化学工学「特集 次世代のエネルギー社会システムと化学工学の展望: (6)IPCC AR5の論点整理とUNFCCCによる国際的なCO2排出削減の枠組みの現状」, 80(1), pp.22-24
2015年 環境情報科学,「IPCC第5次評価報告書統合報告書が伝えること」 Vol.44, No.1, pp.1-6, 2015年3月
2014年 JX日鉱日石リサーチホームページ:「IPCCを眺めながら日本を考える」, 2014年7月
2002年 化学工学「地球環境問題と化学工学」(田中加奈子、山田興一共著)、日本化学工学会,66(10), pp 628-629, 2002, (ISSN 0375-9253)
2000年 ケミカルエンジニアリング、「エネルギー資源と直接メタノール型燃料電池 (特集 資源・エネルギー技術の展望)」(山田興一、田中加奈子共著)、化学工業社、45(12), pp.930-935, 2000-12
1995年 エネルギー経済「オフィスビルのエネルギー消費量削減」(田中加奈子 他)日本エネルギー経済研究所, 21(4), 1995, p36-42

メディア掲載記事

2015年 JSTサイエンスポータル コラムインタビュー連載:「温暖化防止をめぐる国際交渉の舞台裏」第1~4回、2015年5月~6月
2015年 JST newsさきがける科学人「多様なつながりを大事に、技術で未来環境を創造」2015年5月
2008年 読売新聞:特集IPCC科学者へのインタビュー、2008年2月18日科学欄

ページの先頭に戻る