低炭素社会戦略センター

文字サイズ変更

LCSについて

下ヶ橋 雅樹(さげはし まさき)

  • 役職
    フェロー
  • 専門分野
    環境化学工学 持続可能システム 数値モデリング 国際協力

抱負

気候変動への全球的な対応が求められる中,課題解決先進国といわれる我が国の政策動向は、国際社会の注目を集めています。世界をリードする「明るく豊かな低炭素社会」の構築はSDGsへの貢献の上からも重要です。様々な低炭素技術を俯瞰しつつ、その社会実装を促す科学技術イノベーション政策の提案に尽力する所存です。

略歴

researchmapHPへ

研究実績

2018年度 Sho MOMIYAMA, Masaki SAGEHASHI, and Michihiro AKIBA, Assessment of the climate change risks for inflow into sagami dam reservoir using a hydrological model, Journal of Water and Climate Change, in press. DOI: 10.2166/wcc.2018.256.
2017年度 三浦宏子,下ヶ橋雅樹,冨田奈穂子, 持続可能な開発目標(SDGs)における指標とモニタリング枠組み, 保健医療科学, vol.66, no.4, p.358-366, 2017. DOI: 10.20683/jniph.66.4_358.
2016年度 Masaki SAGEHASHI, Hiroko MORI, Yuta HAREYAMA, Kazuyuki SAKUMA, Michihiro AKIBA, and Masaaki HOSOMI, Integration of the rice paddy water management into a coupled surface-subsurface water flow model in the Sakuragawa River watershed (Japan), Hydrology Research, vol.47, no.1, p.137-156, 2016. DOI: 10.2166/nh.2015.162.
2012年度 下ヶ橋雅樹,秋葉道宏, 水道におけるエネルギー・環境対策の現状と展望, 用水と廃水, vol.54, no.10, p.33-41, 2012.
2012年度 二ノ宮リムさち,古市剛久,下ヶ橋雅樹,尾崎宏和, エネルギー問題と向き合う環境教育を日本から推進する-国内外の大学院生と教員がエネルギーの地産地消をともに学ぶ試みから-, 環境教育, vol.22, no.2, p.82-89, 2012. DOI: 10.5647/jsoee.22.2_82.
2011年度 Kengo KAWAHARA, Masaki SAGEHASHI, Takao FUJII, Hirotaka FUJITA, Hong-Ying HU, and Akiyoshi SAKODA, Potential of a Green Alga Botryococcus braunii for Simultaneous Water Purification and Biofuel Production under Open-Air Condition, Journal of Water and Environment Technology, vol.9, no.1, p.29–37, 2011. DOI: 10.2965/jwet.2011.29.
2011年度 飯野洸, 周勝, 下ヶ橋雅樹, 中島田豊, 大川泰一郎, 寺田昭彦, 細見正明, 飼料イネの高温メタン発酵特性, 環境科学会誌, vol.24, no.5, p.462–471, 2011. DOI: 10.11353/sesj.24.462.
2009年度 Masaki SAGEHASHI, Akira KAWAZOE, Takao FUJII, Hong-Ying HU, and Akiyoshi SAKODA, Analysis of Phosphorus Behavior in the Giant Reed for Phytoremediation and the Biomass Production System, Journal of Water and Environment Technology, vol.7, no.2, p.143-154, 2009. DOI: 10.2965/jwet.2009.143.
2008年度 下ヶ橋雅樹,佐藤将,迫田章義, エネルギー作物利活用における水環境負荷とエネルギー収支, 環境科学会誌, vol.21, no.5, p.379-390, 2008. DOI: 10.11353/sesj1988.21.379.
2006年度 Masaki SAGEHASHI, Noritaka MIYASAKA, Hiromu SHISHIDO, and Akiyoshi SAKODA, Superheated Steam Pyrolysis of Biomass Elemental Components and Sugi (Japanese Cedar) for Fuels and Chemicals, Bioresource Technology, vol.97, no.11, p.1272–1283, 2006. DOI: 10.1016/j.biortech.2005.06.002.

著書

2018年度 庄司良,下ヶ橋雅樹,基礎からわかる環境化学,森北出版.(単著:2章「水環境」;3章「大気環境」;6章「エネルギー資源」,共著:5章「地球環境問題」)
2008年度 Masaki SAGEHASHI, Structural Dynamic Models. In: Sven Erik Jørgensen and Brian Fath (Editors-in-Chief), Encyclopedia of Ecology, p. 3397-3403, Elsevier, September 2008
2008年度 Masaki SAGEHASHI, Biomanipulation. In: Jay H. Lehr (Editor-in-Chief), Jack Keeley (Editor), Janet Lehr (Associate Editor), Water Encyclopedia,分担執筆(2: p. 50-58),Wiley,May 2005.
2003年度 小宮山宏,迫田章義,松村幸彦編,バイオマス・ニッポン,日刊工業新聞社.(分担執筆:3章「バイオマス利用技術」;5章「「バイオマス・ニッポン」に向けて」)

学会発表等

2012年度 Masaki SAGEHASHI, Kazuaki TANAKA, Sheng ZHOU, Shohei RIYA, Michihiro AKIBA, Akihiko TERADA, Masaaki HOSOMI, and Yuso KOBARA, Agricultural Drainage Treatment and Biomass Based Chemical Production by Filamentous Green Algae. 2nd Water Research Conference, Singapore, January 2013, Abstracts, p. 166
2011年度 Masaki SAGEHASHI, Yasuyuki SAKAI, Akira KAWAZOE, Chang LIU, Takao FUJII, Hirotaka FUJITA, HongYing HU, and Akiyoshi SAKODA, Design of Giant Reed (Arundo donax) Based Water Purifying / Energy and Material Production System Appropriate for Local District. The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition, Tokyo, October 2011, Abstract p.214
2005年度 Masaki SAGEHASHI, Yan ZHANG, Takao FUJII, and Akiyoshi SAKODA, Productions of Biodiesel Fuel and Glycerin from Used Vegetable Oil Using Solid Catalysts, China/USA/Japan Joint Chemical Engineering Conference (a Combination of the Fourth China/USA Joint Chemical Engineering Conference and the Third China/Japan Joint Chemical Engineering Symposium), Beijing, October 2005, Program and Abstracts, p. 107
2004年度 Masaki SAGEHASHI, Kazuhiro MOCHIDZUKI, and Akiyoshi SAKODA, Continuous Decomposition of Cellulose Slurry by High Temperature Compressed Water, The 10th the APCChE Congress, Kitakyushu, October 2004, Program and Abstracts, p. A-148

招聘発表者としての会合参加

2017年度 水道システムの気候変動への適応.第30回環境工学連合講演会「気候変動における環境工学の貢献 ~緩和と適応~」(日本学術会議 土木工学・建築学委員会学際連携分科会主催),日本学術会議講堂,東京,2017年5月23日.
2011年度 水処理との両立を目指したバイオマス生産とその資源化.第4回化学工学会3支部合同福井大会(関西,中四国,九州),ホテルフジタ福井,福井,2011年12月9日.

主な委員会活動

2012年度 2012年度 MRVモデル実証調査・BOCM実現可能性調査支援タスクフォース構成員(環境省委託/(財)地球環境センター)(2012年7月~2013年3月)
2011年度 2011年度 「新メカニズム実現可能性調査」に係る新メカニズムタスクフォース構成員(環境省委託/(財)地球環境センター)(2011年8月~2012年3月)
2006年度 国際協力機構(JICA) 派遣 ブルガリア国技術協力個別案件(専門家)生物資源(バイオマス)利用促進アドバイザー(8月6日~19日)

ページの先頭に戻る