低炭素社会戦略センター

文字サイズ変更

LCSについて

森 俊介(もり しゅんすけ)

  • 役職
    研究統括
  • LCSでの研究テーマ
    地域分散エネルギーシステムの評価、エネルギーシステムの評価
  • 専門分野
    社会システム工学 エネルギー学 地球温暖化統合評価
  • 所属学会
    エネルギー・資源学会 電気学会 環太平洋産業連関分析学会 土木学会

抱負

技術開発という要素からの積み上げと社会・経済システムというマクロシステムの統合化により「ありうる姿」と「あるべき姿」の間の橋渡しを目指したいと考えています。

略歴

昭和56年3月 東京大学大学院電気工学博士課程修了 工学博士
同年4月 東京理科大学理工学部経営工学科助手
昭和58年4月 同 講師
平成元年4月 同 助教授
平成6年4月 同 教授

現在に至る。
この間1986年5月より1987年4月まで 在外研究員としてIIASA(オーストリア:ウィーン)Science Researcherとして滞在

研究実績

2018年度 Shunsuke Mori and Hideo Shiogama, The Value of Knowledge Accumulation on Climate Sensitivity Uncertainty – Comparison between Perfect Information, Single stage and Act then Learn Decisions, J. of Sustainability Science, 2018, https://doi.org/10.1007/s11625-018-0528-7
2018年度 Seita Emori, Kiyoshi Takahashi, Yoshiki Yamagata1, Shinjiro Kanae, Shunsuke Mori, and Yuko Fujigaki, Risk implications of long-term global climate goals –––Overall conclusions of the ICA-RUS project, J. of Sustainability Science, 2018, https://doi.org/10.1007/s11625-018-0530-0
2018年度 Shunsuke Mori, Toyoaki Washida, Atsushi Kurosawa, and Toshihiko Masui, Assessment of Mitigation Strategies as Tools for Risk Management under Future Uncertainties: A Multi-Model Approach, J. of Sustainability Science, 2017, https://doi.org/10.1007/s11625-017-0521-6
2017年度 Shunsuke Mori, Yuya Makishita and Kazuhisa Kamegai, “Two-Stage Approach for the Assessment of Photovoltaic and Cogeneration Systems: Integration of Regional Distributed Energy Systems and Power-Expansion Planning”, Journal of Energy Engineering, VOl.143, No.3, June 2017
2017年度 U. Zuhdi, S. Mori and K. Kamegai, “The influences of the information and communication technology on the structural changes of Japanese energy sectors from 1985 through 2005: a statistical analysis”, Int. J. Environment and Sustainable Development, Vol. 16, No. 3, pp.201-225, 2017
2016年度 金 丹、森 俊介、「東アジア地域の中間財における国際分業の進展」北東アジア経済研究、第22号、PP.43-55、2016年7月
2016年度 Shunsuke Mori, “A new approach of carbon emission allocation among stakeholders: an expansion of Multiregional and Multisectoral Dynamic Energy‑Economic Model THERESIA”, Journal of Economic Structures, Vol.5, No.5, pp.1/22, 2016, DOI 10.1186/s40008-016-0036-9
2016年度 H. Shiogama, D. Stone, S. Emori1, K. Takahashi, S. Mori, A. Maeda, Y. Ishizaki1 & M. R. Allen, “Predicting future uncertainty constraints on global warming projections”, Scientific Reports, | 6:18903 | DOI: 10.1038/srep18903, Jan.11, 2016

著書

2015年度 新澤秀則、森 俊介編、「エネルギー転換をどう進めるか」シリーズ環境政策の新地平3、序章(P.1/10)および第1章(P.11/32)、岩波書店、2015年10月
2012年度 東京理科大学出版センター編著、「太陽エネルギーが開く未来」、全著者12名、全ページ193頁,分担執筆、5.1(P.142/157)、東京書籍、2012年6月
2005年度 松岡 譲編著(共著者全4名)、「エネルギーと環境の技術開発」(分担執筆) 第2章「エネルギーと人類の歴史及び将来」、PP.28/123(全251ページ)、コロナ社、2005年8月5日
2001年度 Intergovernmental Panel on Climate Change, “Climate Change 2001 Mitigation”, Contribution of Working Group III to the Third Assessment Report of the IPCC”, Bert Metz, Ogunlade Davidson, Rob Swart and Jiahua Pan (eds.), Chapter 9, (共著者10名), PP562/599 (全752ページ), Cambridge Press, UK, July, 2001
2000年度 Intergovernmental Panel on Climate Change, “Emissions Scenarios”, (Nebojsa Nakicenovic 主査、共著者全28名), Cambridge University Press, July, 2000

学会発表等

2017年度 Shunsuke Mori, Yasutomo Tejima, Shiho Nakayama and Satoshi Ohnishi, “An Assessment of Unutilized Heat Sources and Distributed Energy Technologies by an Energy Network Model with 151 Subregions of Tokyo Koto Area”, 15th IAEE European Conference 2017, 3rd – 6th , Sep. 2017, Hofburg Congress Center, Vienna, Austria
2017年度 Shunsuke Mori, “Contribution of New Energy Technologies and Unused Energy Sources for the Tokyo Commercial Buildings”, Power and Energy Engineering 2017, July 17-18, Munich, Germany
2017年度 Saki Yokohama, Utomo Sarjono Putro, Satoshi Ohnishi, and Shunsuke Mori, “An Energy-Economy Model for Indonesia Considering Inter-Regional Energy Resources Transportation and Daily Demand Changes”, 2017 3rd International Conference on Environment and Renewable Energy, (ICERE 2017), 25-27 February 2017, Hanoi, Vietnam

招聘発表者としての会合参加

2007年度 電気学会120年記念シンポジウム C部門パネラー、平成20年10月17日
2002年度 環境技術の現状と将来-電気工学の貢献-、平成15年電気学会全国大会基調講演、平成15年3月18日、東北学院大学

主な委員会活動

2017年度 エネルギー・資源学会 会長
2014年度 国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 SSPS外部評価委員
2012年度 文部科学省国際リニアコライダー(ILC)に関する有識者会議委員

メディア掲載記事

2007年度 TV出演 TVフォーラム パネラー、NHK教育、2007年12月23日 18:00-19:00
2006年度 対談(参議院議員 近藤三津枝氏)、産経新聞2006年3月28日、29日

ページの先頭に戻る