低炭素社会戦略センター

文字サイズ変更

LCSについて

黒沢 厚志(くろさわ あつし)

  • 役職
    客員研究員
  • 専門分野
    地球環境・エネルギーシステムのシステム分析
    エネルギー技術戦略
  • 所属学会
    エネルギー・資源学会 化学工学会
    環境経済政策学会 日本エネルギー学会
    日本オペレーションズ・リサーチ学会
    International Association for Energy Economics

略歴

1987年財団法人エネルギー総合工学研究所入所,現在 一般財団法人エネルギー総合工学研究所プロジェクト試験研究部 部長 副主席研究員。
その間 米国スタンフォード大学工学客員研究員,財団法人地球環境産業技術研究機構主任研究員を兼務。
現在,九州大学WPI招聘教授,東京農工大学非常勤講師,東京大学生産技術研究所リサーチフェロー,科学技術振興機構低炭素社会戦略センター客員研究員,新エネルギー・産業総合開発機構フェローを兼務。国際エネルギー機関研究開発プライオリティセッティング専門家会合メンバー

研究実績

2017年度 Mori, S., Washida, T., Kurosawa, A. and Masui, T., Assessment of mitigation strategies as tools for risk management under future uncertainties: a multi-model approach, Sustainability Science, https://doi.org/10.1007/s11625-017-0521-6, 2018
2017年度 黒沢,加藤,杉山,増田,パリ協定と気候変動対策技術,化学工学論文集,第43巻,第4号,pp171-177,2017
2017年度 Ishimoto,Y., Kurosawa,A., Sasakura, M., and Sakata, K., Significance of CO2-free hydrogen globally and for Japan using a long-term global energy system analysis, International Journal of Hydrogen Energy, Volume 42, Issue 19, pp 13357-13367 2017
2017年度 Kato, E., Moriyama, R., and Kurosawa, A., A sustainable pathway of bioenergy with carbon capture and storage deployment, Energy Procedia vol 114, pp6115 – 6123, 2017

著書

2017年度 ニュースが面白くなるエネルギーの読み方,共立出版(共著)

学会発表等

2017年度 黒沢,加藤,宮近,荻本,山口,2050年に向けた日本のエネルギーシステム需給検討:TIMES-Japanを用いたエネルギーシステム分析-マルチシナリオによる検討,第34回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス,エネルギー・資源学会,2018年1月
2017年度 Kurosawa, A., Energy Storage Roadmap, Addressing Climate Change Issues through Innovation – Release Event of the Roadmaps Developed by Innovation for Cool Earth Forum (ICEF), November 14 2017, Japan Pavilion, 23rd Conference of the Parties, United Nations Framework on Climate Change, November, 2017

招聘発表者としての会合参加

2017年度 内閣府 ボトルネック課題研究会 公開ワークショップ,TKPお茶の水カンファレンスセンター,2018年2月14日
2017年度 Kurosawa, A., Innovation in Japan and Negative Emissions Technology, IEA Experts' Group on R&D Priority Setting and Evaluation, Birmingham, UK, June, 2017

ページの先頭に戻る