低炭素社会戦略センター

文字サイズ変更

LCSについて

磐田 朋子(いわた ともこ)

  • 役職
    客員研究員
  • LCSでの研究テーマ
    民生部門の中長期エネルギー消費量評価モデルの開発
  • 専門分野
    環境政策・環境社会システム 社会システム工学
    持続可能システム
  • 所属学会
    エネルギー・資源学会

抱負

持続可能なエネルギーシステムを構築するためには、エネルギーの供給側と需要側の双方の努力が不可欠です。供給側は、化石燃料から再生可能エネルギーにシフトさせる必要がありますが、再生可能エネルギーは出力が不安定なため、導入に向けた技術的・社会的課題が山積しています。また、需要側においても省エネ努力やエネルギー供給状況に応じた需要制御が求められており、主に数理手法に基づくシステム工学的アプローチにより、これらの課題に取り組んでいます。

略歴

2002年3月 東京大学工学部地球システム工学科 卒業
2007年6月 東京大学大学院新領域創成科学研究科 修了(博士(環境学))
2007年6月 東京大学大学院新領域創成科学研究科 助教
2009年4月 建築研究所環境研究グループ 専門研究員
2011年4月 科学技術振興機構低炭素社会戦略センター 研究員
2017年4月 芝浦工業大学システム理工学部環境システム学科 准教授

研究実績

2017年度 磐田 朋子,野村 昇,田中 加奈子,松橋 隆治「節電アドバイスおよび節電目標表示システムの開発と実装」エネルギー・資源学会論文誌38(1),10-19
2017年度 磐田 朋子「民生家庭部門の省エネルギー促進からの低炭素社会実現(Vol.3)」LCS政策提案書
2016年度 磐田 朋子, 田中 加奈子「民生家庭部門の省エネルギー促進からの低炭素社会実現(Vol.2)」LCS政策提案書
2014年度 磐田 朋子「民生家庭部門の省エネルギー促進からの低炭素社会実現」LCS政策提案書
2012年度 磐田 朋子, 田中 加奈子, 加藤 大輔, 木村 道徳, 松橋 隆治, 山田 興一「2011年夏期の家庭部門における時刻別電力消費量推計に関する研究」環境情報科学学術研究論文集26,255-260
2011年度 磐田 朋子, 桑沢 保夫, 伊香賀 俊治, 村上 周三「民生家庭部門の低炭素化シナリオに関する研究」日本建築学会環境系論文集76(667),839-846
2009年度 磐田 朋子, 島田 荘平「家畜排せつ物対策予算配分最適化モデルの構築 : 家畜排せつ物有効利用に向けた自治体予算配分に関する研究」日本エネルギー学会誌 88(7), 577-585
2008年度 磐田 朋子, 島田 荘平「家畜排せつ物対策に伴う環境・社会便益評価モデルの構築 : 家畜排せつ物有効利用に向けた自治体予算配分に関する研究」日本エネルギー学会誌 87(9), 719-730

学会発表等

2016年度 磐田 朋子, 松橋 隆治「節電アドバイスおよび節電目標表示システムの実施効果」第35回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文集
2016年度 磐田 朋子,松橋 隆治「3電池搭載住宅街区のエネルギー需要実績と街区の低炭素化に向けた考察」第32回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集
2016年度 磐田 朋子, 野村 昇, 田中 加奈子, 松橋 隆治「節電アドバイスおよび節電目標表示システムの開発と実装」第32回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス講演論文集

招聘発表者としての会合参加

2012年度 低炭素まちづくりトーク, 環境ビジネスウィメンTV第50回放送(インターネット)
2008年度 2008年度経済シンポジウム 失業・環境・エネルギーのマルチエージェントシステムによる接近 討論, 大東文化大学経済研究所
2005年度 第4回バイオリサイクル工学セミナー 「北海道の循環型共生社会をつくるためのバイオリサイクルとは」, 北海道大学

主な委員会活動

2017年度- 板橋区 資源環境審議会委員
2015年度 足立区 環境審議会地球温暖化対策専門部会 有識者委員
2012年度- 国土交通省「まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業」タスクフォース有識者委員

ページの先頭に戻る