低炭素社会戦略センター

文字サイズ変更

LCSについて

浅田 龍造(あさだ りゅうぞう)

  • 役職
    主任研究員
  • LCSでの研究テーマ
    中小水力発電、木質バイオマス発電など再生可能エネルギーの普及に向けたコスト低減策の検討
  • 専門分野
    機械材料・材料力学
  • 所属学会
    日本機械学会 計測自動制御学会

抱負

世界が低炭素化社会を目指す中、日本においても化石燃料から、早期に再生可能エネルギーへのシフトを目指すべきであるが、適切なコスト低減実施による普及には課題が多い。個別の課題への研究は多くあるが、エネルギーの賦存量とコスト、それらの地域差との関係や、地域による再生可能エネルギーの最適な組み合わせなど総括的な検討は少ない。この方面の研究を進め、各地域に適した再生可能エネルギーの導入のあり方を提案する。

略歴

1977年 神戸大学大学院工学部機械工学専攻修了
1977年 横河電機(株)入社
2012年 横河電機(株)定年退職
2012年 JST LCS特任研究員として現在に至る

研究実績

2017年度 主要再生可能エネルギーの都道府県別ポテンシャル分布と発電所建設コスト低減 (提案書)
2017年度 浅田龍造・海邉健二・大友順一郎・山田興一(2017)"木質バイオマスの生産コスト構造とその低減策", 日本森林学会誌99:187-194
2016年度 木質バイオマス燃料のコスト低減(Vol.2)(提案書)
2015年度 木質バイオマス燃料のコスト低減(提案書)
2014年度 中小水力発電(Vol.2)(提案書)
2013年度 中小水力発電(着手段階)(提案書)

ページの先頭に戻る