低炭素社会戦略センター

田中 加奈子 (たなか かなこ)

役職

主任研究員

研究分野

気候変動緩和策や省エネ・エネルギー効率性向上に関わる技術、システム、政策の設計と評価。

研究実績

2015年 低炭素社会の実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書(国際戦略編):温暖化対策のためのIntegrated Contribution Approach(統合的貢献アプローチ)の中で検討した途上国における太陽光発電システム利用の発電及びCO2排出削減ポテンシャル評価
2014年 低炭素社会の実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書(国際戦略編):温暖化対策における技術に着目したIntegrated Contribution Approach(統合的貢献アプローチ)と他国への技術協力の在り方への提言
2013年 低炭素社会の実現に向けた技術および経済・社会の定量的シナリオに基づくイノベーション政策立案のための提案書(国際戦略編):気候変動緩和技術の海外移転の促進
2013年 D.Kato, K.Tanaka, M.Kimura, T.Iwata, R.Matsuhashi, and K. Yamada, “A Trend Analysis of Power Consumption in the Greater Tokyo and Osaka Areas for 2010, 2011, and 2012”, Journal of Environmental Information Science, Vol.41, No.5, pp.7-14, March 2013
2012年 Kanako Tanaka, “A comparison Study of EU and Japan Methods to Assess CO2 Emission Reduction and Energy Saving in the Iron and Steel Industry”, Energy Policy (elsevier), Volume 51, December 2012, Pages 578-585.
2012年 Kanako Tanaka et al. “Experimental study on establishment of ‘Networking for Prevention of Blackouts’ to eliminate the electricity supply shortage and evaluation of its power saving effect”, Journal of the Japan Institute of Energy, Vol. 91, No. 9, pp. 900-908, 2012
2012年 T. Iwata, K. Tanaka, D. Kato, M. Kimura, R. Matsuhashi, K. Yamada, “Study on Estimation of Hourly Electricity Consumption in Residential Sector in 2011 Summer”, Papers on Environmental Information Science, 26, pp.255-260, 2012
2012年 Halsnaes K., A. Garg, J. Christensen, H. Y. Foyn, M. Karavai, E. La Rovere, M. Bramley, X. Zhu, C. Mitchell, J.Roy, K. Tanaka, H. Katayama, C. Mena, I. Obioh, I. Bashmakov, S. Mwakasonda, M.K. Lee, M. Vinluan, Y.J. Huang, L. Segaftrdo, “Climate change mitigation policy paradigms — national objectives and alignments”, Mitigation and Adaptation Strategies for Global Change (Springer), Vol 19(1), 2012
2012年 D. Kato, K. Tanaka, M. Kimura, T. Iwata, R. Matsuhashi, and K. Yamada, “A Forecasting Model for Power Consumption in the Area Supplied by the Tokyo Electric Power Company”, Journal of Environmental Information Science, Vol.40, No.5, pp.37-42, March 2012
2011年 Kanako Tanaka, “Review of policies and measures for energy efficiency in industry sector”, Energy Policy (Elsevier), 39, 10, pp. 6532-6550, 2011
2010年 Nigel Jollands, Pail Waide, Mark Ellis, Takao Onodera, Jens Laustsen, Kanako Tanaka, Philippine de T'serclaes, Ingrid Barnsley, Rick Bradley, Alan Meier, “The 25 IEA energy efficiency policy recommendations to the G8 Gleneagles Plan of Action”, Energy Policy (Elsevier), 38, 11, pp.6409-6418, 2010
2010年 Nigel Jollands, Kanako Tanaka, Emilien Gasc, Energy Management Action networK (EMAK), A scoping study investigating the establishment and support of an international and domestic action network of energy management in industry, IEA information paper, IEA/OECD, December 2010
2009年 Kanako Tanaka, Nigel Jollands, Scoping paper Energy Management Action networK (EMAK), IEA/OECD, 2009
2008年 Kanako Tanaka, “Assessment of energy efficiency performance measures in industry and their application for policy”, Energy Policy (Elsevier), 36, 8, pp. 2887-2902, 2008
2006年 Kanako Tanaka, “Energy Efficiency improvement/CO2 emissions reduction potential based on Technology Diffusion - Concepts and Future -”, Energy Efficiency and CO2 Emission Reduction Potentials and Policies in the Cement Industry, 4-5 Sep, 2006, IEA, Paris, France.
2006年 Kanako Tanaka, Ryuji Matsuhashi, Masahiro Nishio, Hiroki Kudo, “CO2 Reduction Potential by Energy Efficient Technology in Energy Intensive Industry”. Industry Expert Review Meeting to the Fourth Assessment of Working Group 3 IPCC, Cape Town, 17-19 January 2006.
2005年 The secretariat of the METI's advisory board, and Kanako Tanaka, Koichi Sasaki, Takahiko Tagami and Hiroki Kudo, “Analysis of a Sectoral Approach for Diffusing Existing Mitigation Technologies”, The 10th meeting of the Special Committee on a Future Framework for Addressing Climate Change, the advisory board to the Minister of Economy, Trade and Industry, Japan, on October 4, 2005.
2005年 田中加奈子 佐々木宏一 工藤拓毅 “効率化技術による二酸化炭素削減ポテンシャルの部門別評価—地球温暖化の国際枠組み構築のための評価指標の検討—”, エネルギー経済 (日本エネルギー経済研究所), Vol. 31, No. 4, 2005, p 61-81.
2003年 Meinrad Burer , Kanako Tanaka, Daniel Favrat, Koichi Yamada, “Multi-criteria optimization of a district cogeneration plant integrating a Solid Oxide Fuel Cell - Gas Turbine combined cycle, Heat Pumps and Chillers”, Energy (Elsevier Science), 28/6, pp497-518, 2003.
2002年 Kanako Tanaka, Meinrad Burer , Daniel Favrat, Koichi Yamada, “Multi-criteria optimisation of on-site heating, cooling and power generation with solid oxide fuel cell - gas turbine combined cycle units”, Proceedings of 6th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies (GHGT-6) by IEA, 1-4 Oct, Kyoto, Japan, 2002, GREENHOUSE GAS CONTROL TECHNOLOGIES, 2003.
2000年 Kanako Tanaka, Chinju Wen, Koichi Yamada, “Design and evaluation of combined cycle system with solid oxide fuel cell and gas turbine”, Fuel (Elsevier Science), 79/12,pp1493-1507, 2000
1999年 Kanako Tanaka, Chinju Wen, Koichi Yamada, “Design and evaluation of polymer-electrolyte and direct-methanol fuel cells for electric vehicles”, the proceedings of 16th International Electric Vehicle Symposium, Beijing, China, October 1999
1998年 田中加奈子, 温慶茹, 山崎章弘, 山田興一, “固体酸化物燃料電池の高効率化運転条件とシステム評価”, 化学工学論文集, 24(4), pp.597-602 , 1998
1997年 Manabu Ihara, Kanako Tanaka, Keiji Sakaki, Itaru Honma, and Koichi Yamada, “Enhancement of the absorption coefficient of cis-(NCS)2 bis (2,2'-bipyridyl-4, 4'-dicarboxylate) ruthenium (II) dye in dye-sensitized solar cells by a silver island film”, Journal of Physical Chemistry B (American Chemical Society), Vol.101, No.26, pp.5153-5157, 1997
1997年 Koichi Yamada and Kanako Tanaka “CO2 mitigation with new energy systems”, Energy (Elsevier Science), Vol.22, No.2/3, pp.131-135, 1997
1995年 田中加奈子 山田興一 伊原学 石谷久 松橋隆治, “オフィスビルの用途別エネルギー消費量削減について”, エネルギー経済 (日本エネルギー経済研究所), 21(4), 1995, p36-42

著書

2014年 IPCC第五次評価報告書:(代表執筆者として)Fischedick M., J. Roy, A. Abdel-Aziz, A. Acquaye, J.M. Allwood, J.-P. Ceron, Y. Geng, H.Kheshgi, A. Lanza, D. Perczyk, L.Price, E. Santalla, C. Sheinbaum, and K.Tanaka, 2014: Industry. In: Climate Change 2014: Mitigation of Climate Change. Contribution of Working Group Ⅲ to the Fifth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change. Cambridge University Press, Cambridge, United Kingdom and New York, NY, USA., 2014
2014年 IPCC第五次評価報告書:(査読編集者として)Climate Change 2014: Synthesis Report. Contribution of Working Groups Ⅰ, Ⅱ and Ⅲ to the Fifth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change [Core Writing Team, R.K. Pachauri and L.A. Meyer(eds.)]. IPCC, Geneva, Switzerland, 151 pp.
2011年 山田興一 田中加奈子「電力危機」ディスカバー21, June 2011, ISBN: 978-4-7993-1028-1
2007年 Gielen D., K. Bennaceur, T. Kerr, Cl Tam, K. Tanaka, M. Taylor and P. Taylor. “Tracking Industrial Energy Efficiency and CO2 Emissions”, IEA, 2007
2007年 IPCC第四次評価報告書:Bernstein, L., J. Roy, K. C. Delhotal, J. Harnisch, R. Matsuhashi, L. Price, K. Tanaka, E. Worrell, F. Yamba, Z. Fengqi, Industry. In Climate Change 2007: Mitigation. Contribution of Working Group III to the Fourth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change [B. Metz, O.R. Davidson, P.R. Bosch, R. Dave, L.A. Meyer (eds)], Cambridge University Press, Cambridge, United Kingdom and New York, NY, USA. 2007
2002年 田中加奈子 “地球温暖化の知見をまとめる動き”, Eco-ing.info, 1-1, pp 142-151, 2002, 清水弘文堂書房
2001年 IPCC 第三次評価報告書, As one of Lead Author for Technical Summary of “Climate Change 2001: Mitigation” (ISBN 0-521-01502-2); in the Extended Writing team for “Climate Change 2001: Synthesis Report” (ISBN 0-521-807700)
2001年 田中加奈子, “地球環境問題”, 第一章一節, 新エネルギー自動車の開発と材料 (ISBN 4-88231-307-3), CMC CO.,LTD, pp 3-15, 2001
2000年 R. Pachauri, T. Taniguchi and K. Tanaka, “The Third Assessment Report - Cross Cutting Issues Guidance Papers” (ISBN 4-9980908-0-1), 2000, IPCC, 138pp.

寄稿

2016年 田中加奈子 “(6)IPCC AR5の論点整理とUNFCCCによる国際的なCO2排出削減の枠組みの現状”, 特集, 次世代のエネルギー社会システムと化学工学の展望, 化学工学, Vol80 No.1 pp22-24, 2016
2002年 田中加奈子 山田興一 地球問題と化学工学, 化学工学, 66(10), pp628-629, 2002, (ISSN: 0375-9253)

メディア掲載記事

・2015年6月24日 (サイエンスポータル/コラム/インタビュー)
 「温暖化防止をめぐる国際交渉の舞台裏」第4回「国際社会に評価されるような工夫も必要」

・2015年5月20日 (サイエンスポータル/コラム/インタビュー)
 「温暖化防止をめぐる国際交渉の舞台裏」第3回「目標のある国は、主張も明確で、強い」

・2015年5月12日 (サイエンスポータル/コラム/インタビュー)
 「温暖化防止をめぐる国際交渉の舞台裏」第2回「現場で直接学んだ国際交渉」

・2015年5月7日 (JST news 2015年5月号/さきがける科学人)
 「多様なつながりを大事に、技術で未来環境を創造」

・2015年4月28日 (サイエンスポータル/コラム/インタビュー)
 「温暖化防止をめぐる国際交渉の舞台裏」第1回「各国の思惑うず巻く『要約』作り」

・2015年3月30日 (「環境情報科学」44巻1号掲載)
 IPCC第5次評価報告書統合報告書が伝えること

・2014年7月11日 (JX日鉱日石リサーチ特別寄稿)
 IPCCを眺めながら日本を考える

・2014年6月   (関西電力株式会社「躍」第22号掲載)
 国益と地球益のため日本の技術を生かす

・2008年2月18日 (読売新聞 科学欄)
 特集IPCC科学者へのインタビュー

学会発表等

2007年 Kanako Tanaka “Assessment of measuring energy efficiency performance in industry - case study: iron and steel industry”, Proceeding of 2007 ACEEE Summer Study on Energy Efficiency in Industry, 24-27 July, 2007, White Plains, New York.
2006年 Kanako Tanaka “Energy Efficiency improvement/CO2 emissions reduction potential based on Technology Diffusion - Concepts and Future -”, Energy Efficiency and CO2 Emission Reduction Potentials and Policies in the Cement Industry, 4-5 Sep, 2006, IEA, Paris, France.
2002年 Kanako Tanaka, Meinrad Burer, Daniel Favrat, Koichi Yamada “Multi-criteria optimisation of on-site heating, cooling and and power generation with solid oxide fuel cell - gas turbine combined cycle units”, Proceedings of 6th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies (GHGT-6) by IEA, 1-4 Oct, Kyoto, Japan, 2002, GREENHOUSE GAS CONTROL TECHNOLOGIES, 2003.
2002年 Meinrad Burer, Kanako Tanaka, Daniel Favrat, Koichi Yamada(発表は田中)“Optimisation of a heating, cooling and power generation district unit based on a solid oxide fuel cell - gas turbine combined cycle from the viewpoints of cost and CO2 emissions”, Future Energy Systems and Technology for CO2 Abatement, Technologisch Instituut, 18-19 November 2002, Antwerpen in Bergium
2000年 Kanako Tanaka, Michihisa Koyama, Steven Kraines, Hiroshi Komiyama, Koichi Yamada
“Design and evaluation of SOFC/GT systems and introduction to distributrd models”, the proceedings of the 33th meeting of the society of chemical engineering Japan, Hamamatsu, Japan, October 2000
1999年 Kanako Tanaka, Chinju Wen, Koichi Yamada
“Design and evaluation of polymer-electrolyte and direct-methanol fuel cells for electric vehicles”, the proceedings of 16th International Electric Vehicle Symposium, Beijing, China, October 1999
1998年 Kanako Tanaka, Chinju Wen, Akihiro Yamazaki, Koichi Yamada
“Design and evaluation of distributed energy systems with solid oxide fuel cells”, the proceedings of the 17th annual meeting of Japan Society of Energy and Resources, Osaka, Japan, April 1998, p185-188
1997年 Kanako Tanaka, Manabu Ihara, Keiji Sasaki, Koichi Yamada
“Evaluation of effective application of fuel cells in urban areas”, the proceedings of the 16th annual meeting of Japan Society of Energy and Resources, Osaka, Japan, April 1997, p281-285
1996年 Kanako Tanaka, Koichi Yamada, Hisashi Ishitani, Ryuji Matsuhashi
“Evaluation of city with new energy systems”, the proceedings of the 12th Energy System/Economics/Environment Conference, Tokyo, February 1996, p195-199

招聘発表者として会合参加

2015年 化学工学会 第46回秋季大会環境部会システム分科会シンポジウム「IPCC第5次報告書と気候政策」、2015年9月(予定)
2015年 環境パートナーシップ・CLUB(EPOC/エポック)低炭素社会分科会:「気候変動への取り組みをどう考えるか」、名古屋、2015年2月
2014年 足立区「あだち環境ゼミナール」:「地球温暖化緩和策としてのエネルギー・技術」東京、2014年11月
2014年 エネルギー・資源学会 平成26年度第1回講習会:「IPCC第5次評価報告書第3作業部会10章「産業」」、東京、2014年11月
2014年 6th Atlantic Energy Environment Workshop, Roundtable: Frontiers in the Economics of Energy Efficiency、:「将来気候枠組みのための省エネ」、スペイン、2014年6月
2013年 日本スウェーデン国際産学連携Scoping Group会合、東京、2013年5月
2011年 柏市環境保全協議会研修会:「エネルギー問題への対応—省エネ, 節電, 技術開発の重要性」、柏、2011年10月
2011年 UNEP Bridging the Gap report執筆者会合、フランス、2011年9月
2011年 JWEF奨励賞授賞式シンポジウム:「明るい未来に向けて~省エネ、次世代エネルギーの役割」、東京、2011年9月
2011年 持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラムISAP 2011専門家ワークショップ:「停電予防連絡ネットワークについて」、横浜、2011年7月
2007年 World Economic Forum, アムステルダムブレインストーミング会合、オランダ、2007年12月
2002年 European Climate Forum meeting, ドイツ、2002年11月
2002年 瀋陽持続可能なエネルギー、輸送、農業に関する国際セミナー(SETA)、中国、2002年11月
2002年 Wilton Park Conference 663 “Climate Change:What Can Be Done?”、英国、2002年5月、
2002年 オックスフォードPetrobras年次会合2002:「再生可能エネルギーと気候変化」、Centre for Brazilian Studies in University of Oxford, 英国、2002年5月

主な委員会活動

・内閣府総合科学技術・イノベーション会議 エネルギー戦略協議会構成員

・産業構造審議会地球環境小委員会委員

・気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第三作業部会幹事会国内連絡会メンバー

・太陽エネルギーFT事業プロジェクト評価検討会委員

・環境省利子補給事業検証・評価委員会委員

・エネルギー資源学会企画実行委員

 など

略歴

東京大学院工学系研究科化学システム工学科 博士(工学)取得(1999年)。英国ティンダル気候変動研究センターシニアリサーチフェロー、日本エネルギー経済研究所、国際エネルギー機関(IEA)省エネ政策アナリスト等を経て現職に至る。

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)がまとめる報告書には、第三次評価報告書から特別報告書、そして作成中の第五次評価報告書まで、主著者、編集者、査読者等で深く関わった。(IPCCが受賞した2007年ノーベル平和賞に貢献)

また、IEA在職時は、2005年第31回主要国首脳会議で合意された「グレンイーグルズ行動計画」(エネルギー効率向上、クリーンな化石燃料、再生可能エネルギー、研究開発促進のためのネットワークの促進等の分野における協力)のもと調査研究を行い、第33、34回主要国首脳会議(2007年ハイリゲンダムサミット、2008年洞爺湖サミット)において提出した政策立案者に対する今後の提言の作成に関わった。

2011年03月に起きた東日本大震災による発電設備の損失が原因で電力需給逼迫に備えるために、低炭素社会戦略センター (LCS) が構築した停電予防連絡ネットワークのプロジェクトに立ち上げ、運用、分析等行った。その後、ピークカットのみならず家庭の省エネ節電を目的とした見える化実験に移行し、家庭の電力消費計測・分析を行い、自治体への低炭素化のための行政提言を行っている。

また、京都議定書以降の今後の世界の温暖化ガス削減に向けた国際的な枠組みについて、日本の国益と地球益に重きを置き、技術の発展を促し、経済面・環境面から持続可能な社会を地球規模で実現するための国際戦略を検討しており、政策提案書、学会発表等を行っている。

更新日:2016年1月14日