低炭素社会戦略センター

文字サイズ変更

LCSについて

副センター長挨拶

我が国の経済・社会の持続的発展を伴う「明るく豊かな低炭素社会」の実現のために、科学技術を基盤とするイノベーションが今、求められています。しかし、単に「革新技術」の開発に取り組んでも、それが経済性を伴うものでなければ、将来社会で使われるかどうかはわかりません。

LCSでは、主要な低炭素技術・システムについて、将来の性能予測や経済性・CO2削減効果を定量的に評価することにより、研究開発の目標設定・資金投入時期等に応じた将来展開(定量的技術シナリオ)を提示しています。基礎的な数値データから積み上げた柔軟な評価システムを用いているので、多様な将来社会像を想定してシナリオを作成・分析し、「将来社会で使われる技術、開発すべき技術」を特定することができます。

定量的技術シナリオを用いて、再生可能エネルギーのコスト低下予測とモデル分析を実施した結果、2050年に電源起源のCO2排出量80%削減することは、現状と同等の発電コストで実現可能であることが示されました*。

次の目標は、2100年までのCO2排出ゼロ(脱炭素)社会の構築です。極めて高い目標ですが、適切な技術・社会戦略に基づけば、エネルギーシステムの抜本的な変化、技術や産業構造の変化から、新たなイノベーションが生まれ、脱炭素社会へとつながります。

産業構造を含め変化する将来社会に、低炭素技術・システムはどうつながるのか。LCSはこのような視座のもと、低炭素社会シナリオの研究を推進してまいります。

低炭素社会戦略センター(LCS)副センター長 山田 興一

*LCSの研究成果は、低炭素電源システム等、分野ごとに提案書の形式で公表しています。

ページの先頭に戻る