JSTトップ > 産学共創基礎基盤研究プログラム > 評価結果 >「テラヘルツ波新時代を切り拓く革新的基盤技術の創出」
お問い合わせ先

平成27年度 課題事後評価結果

 研究成果展開事業(産学共創基礎基盤研究プログラム)では、研究開発の実施状況、研究開発成果等を明らかにし、 今後の成果の展開及び事業運営の改善に役立てるべく、「研究成果展開事業(産学共創基礎基盤研究プログラム)の 実施に関する規則」に基づき中間評価・事後評価を実施することとしています。

テラヘルツ波新時代を切り拓く革新的基盤技術の創出

平成22年度 採択課題
研究代表者 研究課題名 評価
結果
浅田 雅洋
(東京工業大学 大学院総合理工学研究科 教授)
共鳴トンネルダイオードによる超小型・高効率の室温テラヘルツ発振器の研究 PDF
川瀬 晃道
(名古屋大学 エコトピア科学研究所 教授)
先端非線形フォトニクス・テラヘルツ発生/検出技術の開発 PDF
富永 圭介
(神戸大学 分子フォトサイエンス研究センター 教授)
凝縮相テラヘルツ分子科学の深化 PDF
平山 秀樹
(理化学研究所 テラヘルツ量子素子研究チーム チームリーダー)
THz量子カスケードレーザの動作高温化と周波数拡大に関する研究 PDF