[記事ページ - オリジナルコンテンツ - 公正事業オリジン]

公正事業オリジン

【5th World Conference on Research Integrity(WCRI)レポート】
 第1回:研究成果の再現性と透明性

WCRI会場写真
第5回WCRIの会場(アムステルダム自由大学)

 2007年から始まったThe World Conference on Research Integrity(WCRI)は、研究の公正性の推進について議論する国際会議です。
 2010年の第2回WCRIでは、「社会からの信頼と支援を得るために研究者は自らの研究の全てについて、高い基準を掲げ維持していかなくてはならない」との考えのもとに、「研究公正に関するシンガポール宣言」(和訳はこちら)が採択されました。シンガポール宣言では、国家や学問の違いを認めた上で、全ての研究に共通する研究公正に関する原則および責任について定めており、規制文書ではないにも関わらず、各国・各研究機関の規範を作成する上での基本原則となっています。
 2017年5月28日~31日に、第5回WCRIがオランダ・アムステルダムで開催され、52カ国から750人 以上の参加者が集い、本会議のテーマである「透明性と説明責任」について、4日間にわたり発表と議論がなされました。本会議の内容の一部を今後数回に分けて研究公正ポータルサイトにて報告します。なお、WCRIのWebサイトから一部の発表者のプレゼンテーション資料を閲覧することができます。

【イベントレポート】内部告発者が語る韓国「ES細胞ねつ造事件」の経緯とその後

平成29年3月4日(土)、第117回くすり勉強会が、「提報者 韓国 人クローン胚由来ES細胞ねつ造事件をめぐる内部告発者の証言」をテーマに行われました。有名な研究不正事件の内部告発者(韓国語では「提報者」)、本人により語られた事件の概要とその後の経緯から、韓国国内では本事件がまだ収束したとは言えず、今でも後を引いているようです。

JST公正研究推進ワークショップ~研究現場での教育~

「JST公正研究推進ワークショップ」が東京(平成29年3月8日)と大阪(平成29年3月14日)の2会場で開催されました。国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が主催する当ワークショップは、アメリカで開発された公正な研究活動を推進するための方法を体験し、ディスカッションやワークを通じて研究現場で行う指導の進め方を考えるプログラム内容です。両会場とも参加者はグループに分かれ、教育の意義や手法についてディスカッションやグループ毎の発表を行うなどアクティブに課題に取り組みました。ワークショップでは、グループワークなどを通じて、さまざまな意見が交換され、情報の共有が行われました。
 東京会場、大阪会場の内容を合わせてレポートします。


日本学術振興会が作成したeラーニング教材です。

Image0

オンラインで公開中

研究倫理講習会で利用している論文不正防止に関するパンフレット(JST 作成)です。

Image1

PDF:2.4MB

研究倫理教育用の映像教材を制作しました。DVD 媒体による配布もしています。

Image2

オンラインで公開中

ページトップへ