[TheLab - 防止対策]

防止対策

THE LAB

ORI製作教材「THE LAB」の日本語版、オリジナル版へのリンク集です。大学の研究室で行われた研究不正に関してさまざまな苦悩に直面する4人(研究代表者、外国人ポスドク、大学院生、研究倫理担当者)のキャラクターを演じることができるバーチャル体験型の学習シミュレーションをご覧いただくことができます(スペイン語版、中国語版、日本語版へもアクセス可能です)。

金沢工業大学では、大学院工学研究科で必修科目「プロフェッショナルとしての倫理と行動設計」を開設しています。授業では、大学院生のストーリーを体験してから、翌週に研究主宰者(指導教授)のストーリーを体験します。こうして、異なる立場への理解を深めることで、倫理的ジレンマに直面した際、さまざまな選択結果を想定し検討するための視野が広がります。皆様方も、是非「THE LAB」をご活用いただき、公正な研究活動に向けての意識を機関内で高めることにお役立てください。

研究倫理の教育のために米国で開発された学習教材の「THE LAB」。大学を舞台にした架空の研究不正事件を映像でバーチャル体験でき、自分がもしその立場だったらどう行動するか、それぞれの場面で意思決定をすることができます。「THE LAB」日本語版をより多くの皆様にご活用いただくため、模擬講習を行った体験から実施時のポイントなどについてまとめています。

ORI製作教材「THE LAB」の日本語版のページです。大学の研究室で行われた研究不正に関してさまざまな苦悩に直面する4人(研究代表者、外国人ポスドク、大学院生、研究倫理担当者)のキャラクターを演じることができるバーチャル体験型の学習シミュレーションです。視聴者がさまざまな場面で「責任ある研究活動(RCR)」に関する判断を行い、その後の経過を何度でも疑似体験でき、倫理的な判断能力や問題解決能力を身につけることができます(JSTのウェブサイト)。

『情報管理』誌2017年2月号にThe Lab日本語版が紹介されました。

ORI製作教材「THE LAB」(オリジナル版)のトップページ。 体験型映像教材のTHE LABに関する情報等の入手及びTHE LAB(オリジナル版、スペイン語版、中国語版、日本語版)へのアクセスができます。なお、日本版はJSTの研究倫理のページからもご覧いただけます。

The Lab(オリジナル版)活用ガイドのダウンロードページ。

平成29 年2 月18 日(土)、公益社団法人 日本工学教育協会主催「第2 回 ワークショップ研究倫理」が開催されました。ワークショップでは、研究倫理教育の現状と課題について複数の講師によるラウンドテーブルが行われた後、参加者は研究の現場で倫理教育を行うことの意味や手法などをテーマに、グループワークを行って議論を重ねるなど、充実したプログラムが実施されました。【技術者倫理】

日本学術振興会が作成したeラーニング教材です。

Image0

オンラインで公開中

研究倫理講習会で利用している論文不正防止に関するパンフレット(JST 作成)です。

Image1

PDF:2.4MB

研究倫理講習会で利用している研究費不正防止に関するパンフレット(JST 作成)です。

Image2

PDF:1.4MB

研究倫理教育用の映像教材を制作しました。DVD 媒体による配布もしています。

Image3

オンラインで公開中

ページトップへ