[技術者倫理 - 防止対策]

防止対策

技術者倫理

技術者倫理についてのリンク集です。技術者倫理教育の講演資料(電気学会のウェブサイト)や日本技術士会、日本工学会のシンポジウムのレポートなどへのリンクを掲載しています。

平成29 年2 月18 日(土)、公益社団法人 日本工学教育協会主催「第2 回 ワークショップ研究倫理」が開催されました。ワークショップでは、研究倫理教育の現状と課題について複数の講師によるラウンドテーブルが行われた後、参加者は研究の現場で倫理教育を行うことの意味や手法などをテーマに、グループワークを行って議論を重ねるなど、充実したプログラムが実施されました。【技術者倫理】

「ソーラーブラインド」は金沢工業大学が企画・製作した技術者倫理教育のための映像教材です。あらすじ、シナリオに加えて解説用のスライドなども掲載されています。さまざまな制約やプレッシャーの中で、問題克服のためにどのように行動するかを考える内容となっており、研究倫理教育の教材としても有効と思われます(金沢工業大学のウェブサイト)。【技術者倫理】

技術者倫理教育について、従来の責任や義務を強調する「予防倫理」から、技術者が正しい判断と行動で社会に貢献することを通じて自らも幸福を得る「志向倫理」への転換を提言する論文です(電気学会のウェブサイト)。【技術者倫理】

技術者倫理教育についての講演資料が掲載された電気学会のウェブサイトです。これまでの全国大会シンポジウムでのさまざまな取組事例の報告などの講演資料が掲載されています。【技術者倫理】

平成28年11月22日に行われた日本工学会 技術倫理協議会 第12 回公開シンポジウムのイベントレポートです。人工知能、自動運転技術など最新技術の倫理的課題について議論が行われたほか、社会が最新の科学技術を受け入れるための「社会的な合意形成」には、さまざまなステークホルダーが研究のプロセスに初期段階から参加して協働する必要性があることが提起されるなど、「社会の中の科学」について活発な議論が行われました。【技術者倫理】

日本技術士会倫理委員会は、技術者倫理の講義のための統一性のある標準的教材の検討・開発を進めています。ここでは平成28年11月13日(日)に開催された「日本技術士会倫理委員会 第4回 技術者倫理ワークショップ」のイベントレポートを掲載しています。技術者も研究者と同様、様々な制約やプレッシャーの中で、日々発生する問題・課題の克服・解決を目指しています。そこでは、研究倫理と同様、倫理的ジレンマへの対処が求められます。そのための参考となる取組事例として紹介させていただきます。【技術者倫理】

日本学術振興会が作成したeラーニング教材です。

Image0

オンラインで公開中

研究倫理講習会で利用している論文不正防止に関するパンフレット(JST 作成)です。

Image1

PDF:2.4MB

研究倫理講習会で利用している研究費不正防止に関するパンフレット(JST 作成)です。

Image2

PDF:1.4MB

研究倫理教育用の映像教材を制作しました。DVD 媒体による配布もしています。

Image3

オンラインで公開中

ページトップへ