戦略的創造研究推進事業 発展研究

>トップ>プレス発表

Last Update:2010年10月22日

english

プレス発表

2009年7月23日
「ロボットが投げたボールをロボットが打つ」システムの開発
〜 野球のようなダイナミックな動作を実現する高速ロボットの開発 〜
2009年5月28日
遺伝子改変霊長類の作出に成功
 (霊長類を用いたパーキンソン病などの難病研究が可能に)
2009年1月1日
ピロリジルtRNA合成における翻訳の直交性の分子構造基盤
2008年12月18日
(参考情報)極薄シリコン発光素子の光増幅現象を観察
-自発光型シリコン・レーザの実現に道を拓く-
・・・(日立中央研究所 プレスリリース)
2008年12月16日
(参考情報)プラスチックフィルム上に室温で形成できる透明な酸化物半導体膜を用いた薄膜トランジスタで動作電圧1.5Vを実現 -電池や無線による電源供給で使用できるフレキシブルな電子デバイスの実現に道を拓く- ・・・(日立中央研究所 プレスリリース)
2008年11月18日
右脳と左脳の構造の違いを発見 −記憶をつかさどる海馬に違い−
2008年11月13日
電子スピン状態を光パルスで完全制御することに成功
― 超高速量子コンピューターの実現への一里塚 ―
2008年9月23日
(参考情報)カーボンナノホーンへ光治療用物質の内包に成功・・・
(産業技術総合研究所(AIST)プレスリリース)
2008年8月8日
(参考情報)固体で超流動状態を始めて観測 ―摩擦を受けずに流れる、電子‐正孔対の集団を実現―・・・(国立情報学研究所(NII)プレスリリース)
2008年7月4日
哺乳類胚発生におけるオートファジーの役割を解明
(マウス受精卵、自身の細胞内たんぱく質を分解して栄養に)
2008年4月16日
脳の左も右も「右脳」なマウスを発見 (脳の左右差を決めるメカニズム解明へ一歩)
2008年3月21日
単純ヘルペスウイルス感染の分子メカニズムを解明
(新型の抗ヘルペスウイルス薬開発に道)
2008年3月14日
脊髄小脳変性症マウスの運動障害を遺伝子治療で大幅に改善
2007年11月30日
高濃度のホウ酸に耐性を示す植物の作出に成功
2007年11月22日
光半導体素子を用いた量子シミュレータを開発― 新タイプの量子コンピュータへ道 ―
2007年11月20日
「モリブデントランスポーターの単離と解析の研究について」
2007年9月14日
ニジマスしか生まない代理ヤマメ両親の作出に成功
(クロマグロをサバに生ませることも可能か?)
2007年8月16日
生体内のマグネシウムバランスを維持するメカニズムを解明
(心筋梗塞など心疾患治療の研究へつなぐ架け橋)
2007年5月29日
メダカの生殖腺形成をコントロールする遺伝子を発見
(動物の性分化の謎を解くカギとして今後に大きな期待)
2007年2月21日
働きの異なる脳細胞の活動を色分けして観察することに成功
(大脳皮質の神経回路の情報処理メカニズムの解明に期待)
2006年12月5日
生命体の細胞内部の構造を保つ新たな仕組みを発見
2006年10月26日
DNAの分解異常による慢性関節リウマチ発症に関する知見
2006年9月14日
光アイソレータと光通信用半導体レーザの一体集積化に初めて成功
(光通信モジュールの小型化と高機能光集積回路の実現に期待)
2006年8月25日
上皮細胞間バリアー形成と物質透過制御メカニズムを分子レベルで解明
2006年7月14日
固体中の電子の結晶化によって起こる特異な伝導現象を発見
(ミクロな世界の電子相関を検出)
2006年6月16日
電子一個の動きを捉えることに成功、単電子電流計を実現
(新型の超高感度電流計、ナノエレクトロニクスに応用)
2006年4月7日
世界初!テラヘルツ波の光の粒を捕らえて画像化することに成功
(生体分子・細胞における生命活動の観察への応用に期待)
2005年11月29日
生殖細胞で染色体を半数化するうえで鍵となるタンパク質Moa1を発見
2005年4月20日
核スピン量子コンピュータに向けた核スピンの精密制御に成功 −新しい原理に基づく超高感度核磁気共鳴(NMR)技術を確立−
2005年3月29日
シクロフィリンDの関与する細胞死のメカニズムの解明
2004年2月16日
固体電解質中での金属原子移動を利用したスイッチにより半導体回路の組み替え動作を実現 −回路利用効率が高く応用範囲の広いプログラマブルロジックへ道−
2004年1月15日
生殖細胞で染色体を半数化するうえで鍵となるタンパク質を発見
2003年6月23日
新しい染色体構造調節因子複合体とある種の遺伝疾患との関連の解明に成功
2003年5月27日
ダイオキシン類が生体内のホルモン作用を乱す機構の解明
2003年5月20日
糖鎖による細胞分裂制御システムの発見
2003年5月15日
生殖細胞で染色体を半数化する分子メカニズムの糸口を発見
2002年11月21日
自然免疫を制御するToll様受容体を介した細胞内シグナル伝達経路の解明
2002年11月18日
骨形成に必須な遺伝子の決定に成功
2001年12月7日
高温超伝導体中の磁束量子が列になって振動する現象を発見
−高温超伝導の基本メカニズム解明に手がかり−

サイトマップ