さきがけものがたり

〜未来を拓く研究者たちのドラマとその舞台〜

 

 

概要

JSTは、戦略的創造研究推進事業個人型研究「さきがけ」に参加した研究者の研究生活、人生を一般読者に紹介することを目的に、2006920日に、書籍 「さきがけものがたり〜未来を拓く研究者たちのドラマとその舞台〜」を出版しました。

さきがけでは、平成3年の事業開始以来、時代を先駆ける科学技術の芽を創るため、研究者個人の独創性を活かした研究を推進することを目的として事業を進めて参りました。一方で、「さきがけ」が始まった当初に比べて、研究者の数も増え、予算規模も大きくなり、今後も「さきがけ」の魅力が色褪せないようにする努力を続けていく必要を強く感じております。

そこで、これまでJSTでさきがけ担当として研究の支援をしてきた担当者たちが集まり、「さきがけ」によって大きく花ひらいた研究者の研究生活、人生に焦点を当てながら、広く一般に「さきがけ」事業の特徴や成果を紹介した本を出版することにしました。この本に登場する17人の研究者は、研究者として伸び盛りの時期にさきがけに参加して、そこで出会った研究総括、アドバイザー、研究者との交流の中で成長し、大きく飛躍しています。

原稿を執筆したのは、プロのライターではなく、これまでJSTでさきがけ担当として研究の支援をしてきた人たちですが、「さきがけ」の舞台裏にいる担当者からみた研究者の姿、そして研究者も含めた関係者の「さきがけ」への思いを読みとっていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

さきがけものがたり

〜未来を拓く研究者たちのドラマとその舞台〜

JSTさきがけ担当編

 

発行:株式会社アドスリー

発売:丸善株式会社出版事業部

定価:1000+

サイズ:A5 / 239ページ

ISBN4-900659-70-3

お求めは、株式会社アドスリー(発行)または書店までお問い合わせください。

 

 

 

 

目次

・はじめに

 

【第一部 研究者を語る】

 

・鏡の国のアミノ酸 −老化が引き起こすアミノ酸の不思議な変化−

(京都大学原子炉実験所放射線生命科学研究部門 教授 藤井 紀子)

 

・さきがけコラム:研究者のキャリアパス

 

・虎の穴を越えて生命における少数性の問題に挑む

(北海道大学電子科学研究所 教授 永井 健治)

 

・人がより創造的になるための情報技術とは

(東京大学先端科学技術研究センター 特任教授 中小路 久美代)

 

・バーチャルからリアルへ古代生命体の再現にむけて

(神奈川大学工学部物理学教室 助教授 宇佐見 義之)

 

・さきがけコラム:さきがけ発ベンチャー

 

・キモチとキオク、そのメカニズムを探る

(東京大学医科学研究所 助教授  関野 祐子)

 

・新陳代謝の秘密

(東京都臨床医学総合研究所 室長 水島 昇)

 

・さきがけコラム:ポスドクって?

 

・これが私の生きる道(感染防止デバイスの開発)−病との闘い、研究、そして今

(国立循環器病センター研究所生体工学部 室長 古薗 勉)

 

・名人・達人・鉄人知能の創造と進化

(北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 教授 飯田 弘之)

 

・量子計算機の夢

(北海道大学電子科学研究所 助教授 竹内 繁樹)

 

・人間の感性に訴える画像処理理論 〜写実的な写真と感性的な絵画の定量的な関係〜

(国立情報学研究所 助手 佐藤いまり)

 

・特別コラムIJSTって?さきがけって?

 

・さきがけコラム:さきがけ誕生において事務局は何をなしえたのか?

 

・特別コラムII:さきがけ劇場

 

・さきがけコラム:領域の総括として思うこと

 

・特別コラムIII:さきがけ誕生秘話 インタビュー

 

・さきがけコラム:人を支援するということ 

 

【第二部 研究者は語る】

 

・クロマティン暗号解読による発生学研究から再生医学への応用へ

(国立成育医療センター研究所移植・外科研究部 部長 浅原 弘嗣)

 

・細胞中に仕組まれた光るタンパク質−回り道で拾った新しい武器−

(筑波大学人間総合科学研究科 講師 三輪 佳宏)

 

・「ウイルス」はただの厄介者か?それとも必要な存在なのか?!

(京都大学ウイルス研究所 助教授 宮沢 孝幸)

 

・南極の氷をミクロに見る

(明治大学理工学部応用化学科 助教授 深澤 倫子

 

・さきがけコラム:男女共同参画について

 

・「寧為鶏口、無為牛後」我が科学者人生に無駄はなし

(産業技術総合研究所セルエンジニアリング研究部門 セルダイナミクス研究グループ グループ長     近江谷 克裕)

 

・永遠にさきがけテンション 〜生物進化を実験室で創る

(大阪大学大学院情報科学研究科バイオ情報工学専攻 教授 四方 哲也)

 

・科学が芽生える国へ―T細胞による自己・非自己識別の解明に向けて

(高知大学医学部 教授  宇高 恵子)

 

・おわりに

 

 

<以下のページからご購入いただけます>

株式会社アドスリー

URL: http://www.adthree.com/publ/etc/sakigake/

 

<お問い合わせ>

独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造事業本部 研究推進部 研究第二課

332-0012  埼玉県川口市本町4−1−8

担当 :     白木澤佳子(シロキザワ ヨシコ)、沼田真也(ヌマタ シンヤ) 

TEL: 048-226-5641   FAX: 048-226-2144

E-mail: presto@jst.go.jp