基礎研究最前線【更新終了】

基礎研究最前線

吉田 裕樹 特効薬の無い難病「膜性腎炎」の研究に朗報

−世界初、モデルマウスの開発に成功−

戦略的創造研究推進事業(さきがけタイプ) 研究領域「生体と制御」研究代表者

吉田 裕樹

坂口 浩司 ナノの世界の「分子ワイヤー」の連結に成功

−超極小電子素子への応用に道−

戦略的創造研究推進事業(さきがけタイプ) 研究領域「構造制御と機能」研究

坂口 浩司

井上 豪/高野 和文/村上 聡 タブー破る方法でタンパク質を結晶化

−大学発ベンチャーを設立し企業化に成功−

戦略的創造研究推進事業(さきがけタイプ)研究領域「生体分子の形と機能」研究者

井上 豪/高野 和文/村上 聡

黒田 真也 細胞の分子ネットワークの情報処理の仕組みを解明

−コンピューターで未知の反応の予測が可能に−

戦略的創造研究推進事業(さきがけタイプ)研究領域「協調と制御」研究者

黒田 真也

木下 専 雄性不妊症の原因の1つを解明

−その秘密は精子の小さなリングに潜んでいた−

戦略的創造研究推進事業(さきがけタイプ)研究領域「生体分子の形と機能」研究者

木下 専

劉浩 生物飛行を再現出来るシミュレーターが誕生

−ジェット機は落ちても、昆虫が落ちない秘密解明へ−

戦略的創造研究推進事業(さきがけタイプ)研究領域「シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築」研究者

劉浩

湯浅 新治 次世代メモリーにブレークスルー

−ギガビット級「MRAM」実現に道−

戦略的創造研究推進事業(さきがけタイプ)研究領域「ナノと物性」研究者

湯浅 新治

水島 昇 哺乳類の新生児は自分の細胞食べて飢餓しのぐ

−マウスの実験で「自食作用」の役割を解明−

戦略的創造研究推進事業(さきがけタイプ)研究領域「タイムシグナルと制御」研究者

水島 昇

吉崎 悟朗 ヤマメの腹借りてニジマスつくることに成功

−夢のマグロ“量産”に道−

戦略的創造研究推進事業(さきがけタイプ)研究領域「認識と形成」研究代表者

吉崎 悟朗

西川 俊夫 フグ毒「テトロドトキシン」を合成

−ノーベル賞受賞者もあきらめた難物−

戦略的創造研究推進事業(さきがけタイプ)研究領域「合成と制御」研究代表者

西川 俊夫

阿部 高明 薬物や尿毒症物質が腎臓で排泄される仕組みを解明

−腎不全や合併症のオーダーメイド医療に道−

戦略的創造研究推進事業(さきがけタイプ)研究領域「情報と細胞機能」研究代表者

阿部 高明

任 暁兵 環境に優しい高性能圧電材料を開発

−新原理で従来の40倍の電歪を実現−

戦略的創造研究推進事業 個人型研究(さきがけタイプ)「秩序と物性」 研究領域「点欠陥秩序の対称性と特異なマルチスケール現象」研究者

任 暁兵

齊藤 実 ハエを使い、老化による記憶障害の仕組みを解明

−“老人ボケ”の予防、治療法の確立に光明−

戦略的創造研究推進事業 研究領域「タイムシグナルと制御」研究者

齊藤 実

佐々木 成朗 世界初、摩擦ゼロの超潤滑システムを開発

−ナノマシン実現への難関を突破−

戦略的創造研究推進事業 研究領域「組織化と機能」研究者

佐々木 成朗

古薗 勉 複合材料使う新しいカテーテル開発に挑戦

−最先端のナノテクノロジーを駆使−

戦略的創造研究推進事業 研究課題「無機ナノ粒子・有機・細胞三元複合体による生体活性材料の開発」研究者

古薗 勉

赤井 智子 廃棄着色ガラスの再資源化技術を開発

−無色透明なガラスにして回収−

「変換と制御」研究領域 研究者

赤井 智子

佐田 政隆 「動脈硬化」の原因、定説を覆す全く新しい治療法の開発が

可能に −動脈硬化の仕組みを解明−

「タイムシグナルと制御」研究領域 研究者

佐田 政隆

小林 宏 身障者に夢の補助具

−「マッスルスーツ」を開発−

「相互作用と賢さ」研究領域研究者

小林 宏

高柳 広 リウマチ治療に突破口

−新薬誕生の期待も−

「生体と制御」研究領域 研究者

高柳 広

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • JST オープンアクセス方針
  • ご意見・ご要望