多様な構造型ストレージ技術を統合可能な再構成可能データベース技術

さきがけ研究者


松谷 宏紀

慶應義塾大学 理工学部
講師

研究概要

リレーショナルデータベースに加え、特定用途に特化した構造型ストレージ技術を適材適所で組み合わせることで高効率な情報基盤を実現できる。本研究では、多様な構造型ストレージ(キーバリュー型、カラム指向型、ドキュメント指向型、グラフ型)の処理エンジンをFPGA上に実現し、それぞれ専用ハードウェアとして実行することで、ソフトウェアによる処理と比べて桁違いの高スループット、低消費電力、高実装密度を実現します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

さきがけ研究者の紹介
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望