【島田 敬士】時空間粒度の異なる教育ビッグデータの非同期ストリーム処理基盤の構築

さきがけ研究者

島田 敬士
島田 敬士
九州大学
基幹教育院
准教授

研究概要

ICTを活用した教育では、e-Learningシステムやデジタル教材システムから個人、教室、科目、学期などの様々な時間粒度、空間粒度で学習教育ログが非同期に収集され、教育ビッグデータを形成しています。本研究では、様々な時空間粒度でのデータ統合、モデル化、変化検出、不完全データからの将来予測を行うことを可能にする非同期ビッグデータのストリーム処理基盤を実現します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望