【秋葉 拓哉】大規模複雑データのインタラクティブ解析を可能にする高レスポンス情報抽出技術の開発(さきがけ研究中止)

さきがけ研究者

秋葉 拓哉

秋葉 拓哉
情報・システム研究機構
国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系
特任助教

研究概要

ビッグデータを「やっと」の思いで処理する現状を打開し,ビッグデータを軽々と処理する時代を実現するための基礎技術を開発します.解析者とコンピュータのより密に連携した解析の実現するためには,インタラクティブな処理に組み込めるような高レスポンスな処理が必要不可欠です.解析者が求める情報を瞬時に突き止めるためのアルゴリズムとデータ構造を開発します.

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望