【栁澤 琢史】思考・行動を予想する脳ビックデータ(データさきがけ)

さきがけ研究者

栁澤 琢史
栁澤 琢史
大阪大学
大学院医学系研究科
助教

研究概要

近年、様々な脳信号が得られるようになり、そこから行動や思考を推定する技術が発展しました。本研究課題では人の頭蓋内に留置した高密度電極から脳活動を計測し、これと同時に詳細な行動データや視聴覚データを連続的に計測することで、人の行動及び思考を解析し予測する為の新たな脳ビックデータの取得を目指します。この脳ビックデータ解析から革新的な意思伝達技術や精神疾患治療法の開発など、幅広い応用を提案します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望