【山本 泰生】高次知識を獲得するリソース指向型オンラインマイニング法の開発

さきがけ研究者

山本 泰生

山本 泰生

国立大学法人 山梨大学
大学院総合研究部
助教

研究概要

ビッグデータ時代の新しいストリームデータの管理・運用技術として、多次元大規模データから高次知識を獲得するオンラインマイニング法を開発します。高次知識とはデータ上に頻出する高次の関係・規則・パターンを指し、情報検索、画像認識等への利用が期待されます。本研究では、このようなストリームデータの「深層表現」を形式知として抽出する手法を創出し、音声・画像等の実データへの応用を通して手法の有用性を立証します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望