【大竹 義人】統計学習と生体シミュレーションを融合した循環型手術支援

さきがけ研究者

大竹 義人

大竹 義人

国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
情報科学研究科
准教授

研究概要

医用画像を中心とするビッグデータから学習した人体解剖に関する統計モデルと生体予測シミュレーションを駆使し、X線投影像などの低侵襲に得られる計測データから体内臓器の三次元的な変形を高精度に予測するシステムを構築します。さらに、学習データの大規模化が予測性能を飛躍的に向上する事を実証し、医療ビッグデータの社会受容性を高める事で、より大規模なデータ集積を促す、という循環型フレームワークを確立します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望