【河原 大輔】計算機・人の知を統合したビッグテキスト解析基盤

さきがけ研究者

河原 大輔

河原 大輔

国立大学法人 京都大学
大学院情報学研究科
准教授

研究概要

言語およびその記述であるテキストは人類の知の源泉です。現代において、Webを中心に様々な分野のテキスト(「ビッグテキスト」と呼びます)があふれ、人々が必要な情報を的確に探し出すのが難しくなっています。本研究では、超大規模な言語使用から自動的に導出される知と、高度に抽象化された人間の知を統合することによって、ビッグテキストの高精度な解析、検索、分析を可能にし、人々のビッグテキスト利活用を支援します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望