カイラル磁気秩序を用いたスピン位相エレクトロニクスの創成

さきがけ研究者


戸川 欣彦

大阪府立大学 大学院工学研究科
准教授
研究室ホームページ

研究領域の概要

カイラル磁性体において固有に現れる“巨視的スピン位相秩序”を用い、スピン位相エレクトロニクスを創成します。これは磁気の根源である電子スピンの位相を制御し操るための基盤技術となります。巨視的スピン位相コヒーレンスに起因して発現する量子機能を活用し、情報処理技術を格段に向上させるための基盤原理(マルチビット化や高速ソリトン伝達など)を創出し、革新的情報処理磁気デバイスを創製するための道筋をつけます。

さきがけ研究者の紹介

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望