単原子膜ヘテロ接合における機能性一次元界面の創出とエレクトロニクス応用

さきがけ研究者


宮田 耕充

首都大学東京 大学院理工学研究科
准教授
研究室ホームページ

研究領域の概要

本研究では、「単原子膜」における異種物質の接合を実現し、接合部に生じる「1次元界面」のナノエレクトロニクス応用を目指します。特に、研究者らが独自に取り組んできたグラフェン・窒化ホウ素(BN)等のヘテロ接合界面における構造制御と機能開発に関する研究を発展させ、極限的な微細伝導チャネルを活かした電界効果トランジスタや単原子厚デバイスを実現する手法を開拓します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

さきがけ研究者の紹介
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望