階層融合型機能的冗長化による次世代低電力デバイス向け高信頼化設計

さきがけ研究者


原 祐子

東京工業大学
工学院 情報通信系
准教授

研究領域の概要

本研究提案では、次世代低電力デバイスによるシステムの低消費電力化・高信頼化を実現する設計手法を開発します。次世代低電力デバイスは、今まで以上に信頼性・寿命が大きな問題です。機能冗長化という新たな高信頼化手法を確立し、システムの各階層から包括的に適用することで、コスト・信頼性・消費電力効率の改善を目指します。更に、最新FPGAやASICでプロトタイプを作成し、定量的に本研究提案の有効性を評価します。

さきがけ研究者の紹介

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望