スピンホールエンジニアリングによる省エネルギーナノ電子デバイスの創出

さきがけ研究者

安藤 和也

慶應義塾大学 理工学部
准教授
研究室ホームページ

研究領域の概要

ナノ領域における電流-スピン流変換効率の制御・増幅原理「スピンホールエンジニアリング」の開拓により、スピンホール効果を基軸とした超省エネルギーナノスピントロニクス技術を創出します。電荷・スピン輸送の空間分離という著しい特長により、スピンホール効果による超高効率スピン流生成が可能となります。本研究は、既存デバイス原理の延長線上にはない省エネルギー「スピンホールデバイス」を実現します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

さきがけ研究者の紹介
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望