【服部 梓】遷移金属酸化物のナノ空間3次元制御による省エネルギー駆動機能選択的相変化デバイス創製

さきがけ研究者

服部 梓
服部 梓
大阪大学
産業科学研究所
助教
研究室ホームページ

研究概要

本研究では、独自に開発した3次元ナノ構造作製技術で10-100 nmサイズの金属酸化物ナノ構造体を創製し、ナノ電子相変化由来の巨大かつ急峻な抵抗変化を実現します。3次元ナノ空間に閉じ込めたナノ電子相変化を電界効果によって操作する「ナノ電子相変化制御電子技術」を確立し、極低電圧で動作するsteep slopeデバイスを創製し、低電力化の実現に取り組みます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望