【後藤 太一】極薄磁性酸化物中におけるスピン波位相干渉を用いた多入出力演算素子の開発

さきがけ研究者

後藤 太一
後藤 太一
豊橋技術科学大学
大学院工学研究科
助教
研究室ホームページ

研究概要

極薄の磁性酸化物(絶縁体)中を伝搬するスピン波は、波長がナノメートルオーダーにまで短縮可能です。これは光の波長よりも短く、電子のド・ブロイ波長よりも長い絶妙な大きさで、電子回路形成の基盤技術を用いて、光回路のように波の性質を利用した、これまでのデザインルールに縛られないデバイスが実現可能です。本研究では、これら利点を多入出力スピン波位相干渉素子を形成することで実証し、スピン波回路の礎を築きます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望