【赤井 恵】ポリマー配線を用いたニューラルネットワーク型情報回路の創成

さきがけ研究者

赤井 恵
赤井 恵
大阪大学
大学院工学研究科
助教
研究室ホームページ

研究概要

我々の脳内神経細胞は有機体です。本研究はまるで神経細胞のように樹状成長し、空間を自由に配線する有機ポリマー材料を使い、神経細胞の情報伝達様式を模したニューラルネットワーク機械学習アルゴリズムを用いることで、新規情報回路を創成します。 回路は自ら学習しながら成長し、物理的にも柔らかく、あいまいな情報の処理を得意とするといった脳機能の一部を再現出来る素子になることが期待出来ます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望