【竹内 尚輝】極限的エネルギー効率を有する超伝導可逆計算機の開発

さきがけ研究者

竹内 尚輝
竹内 尚輝
横浜国立大学
先端科学高等研究院
特任教員(准教授)
研究室ホームページ

研究概要

可逆計算機はエントロピー変化を伴わないため、無限小の消費エネルギーで論理演算が可能です。本研究では、消費エネルギーを最小にする可逆計算アーキテクチャの検討、及びエネルギー効率を最大にする超伝導可逆セルライブラリの構築を行い、量子力学的極限付近で動作可能な8 bit超伝導可逆加算器を実現します。最終的に、消費エネルギーが半導体集積回路に比べて6桁以上小さいことを実証します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望