【藤枝 俊宣】移植用培養生体組織に搭載可能なナノエレクトロニクスの創成

さきがけ研究者

藤枝 俊宣
藤枝 俊宣
早稲田大学
高等研究所
講師
研究室ホームページ

研究概要

本研究では、プリンテッドエレクトロニクスと高分子ナノ薄膜の製造技術を組み合わせることで、臓器・組織移植用の無線型RFIDタグを開発します。生体外からの情報管理が実現できれば、電子カルテとしてだけでなく、災害時のトリアージタグや埋込型医療デバイスへの応用も見込まれます。来るべき再生医療社会に備え、移植手術、在宅療養、社会復帰後まで一貫して健康情報を管理する埋込型エレクトロニクスの創成を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望