【高橋 圭】高移動度二次元酸化物構造による非散逸電流デバイスの創成

さきがけ研究者

高橋 圭
高橋 圭
理化学研究所
創発物性科学研究センター
上級研究員
研究室ホームページ

研究概要

強磁性二次元電子の自発磁化による量子化異常ホール効果は、エネルギー消費のない非散逸流デバイス応用が期待できます。本研究は、デルタドープ構造SrTiO3で初めて実現した量子ホール効果に磁性層を組みあわせ、電子相関の強いd電子の二次元電子による量子化異常ホール効果の実現を目指します。ホールデバイス構造の磁区と量子化抵抗の検証や強磁性層特性制御研究で、超低電力消費エレクトロニクス応用の道筋をつけます。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望