【廣理 英基】超高強度テラヘルツ光のナノ空間制御と物性制御技術への応用

さきがけ研究者

廣理 英基

廣理 英基

京都大学
化学研究所
准教授

研究室ホームページ

研究概要

外場によって凝縮系の電子スピンやイオン原子の大振幅運動を誘起し、これまで探索されてこなかった大振幅駆動領域で発現する新たな物質状態への操作技術は、社会的要請が高まる超高速エレクトロニクスのブレークスルーとして期待されています。本研究では世界最高強度のテラヘルツ光をナノスケール領域で極限的に増大させる技術を開発し、究極的な超高速電子デバイス開発に資する新規電子材料の電場・磁場誘起現象を探索します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望