【福田 憲二郎】ナノ膜厚ポリマー絶縁膜を利用した全印刷型基板レス有機集積回路の創成

さきがけ研究者

福田 憲二郎

福田 憲二郎

理化学研究所 染谷薄膜素子研究室
研究員
研究室ホームページ

研究概要

有機エレクトロニクスの大きな特長である「柔軟性」と「大面積」を生かすことで、新たなエレクトロニクス分野が可能となります。本研究では従来の構成層である「基板」「電極」「絶縁膜」「半導体層」のうち、ナノ膜厚の絶縁膜に基板としての役割を付与することで「基板」層を除去します。この手法を全印刷工程で行うことによって、超薄型・超軽量・超柔軟な大面積エレクトロニクスを実現させることが可能となります。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望