【戸田 智基】ユーザの適応能力を活用する共創型音声生成機能拡張技術の構築

さきがけ研究者

戸田 智基

戸田 智基

名古屋大学
情報基盤センター
教授

研究概要

音声による意思伝達は、日々の暮らしにおいて欠かすことのできない重要な行為ですが、身体的・環境的・能力的な問題により、十分な情報を持つ音声を生成することができない場合が多々存在します。本研究では、既存の統計的音声変換技術に対して、人が持つ適応能力を最大限に活用する仕組みを導入することで、人と機械の共創的動作を生み出し、現存する障壁を超えた意思伝達を可能とする音声生成機能拡張技術の構築に取り組みます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望