【河添 悦昌】医療ビッグデータからの病態進行のシミュレーションによる先制医療に向けた研究開発

さきがけ研究者

河添 悦昌

河添 悦昌

東京大学
医学部
講師

研究概要

本研究は、電子カルテから得られる医療情報を有効に活用して、患者さんに起こり得る状態やイベントを、早期に予測するための方法を開発する研究です。この方法を応用して、例えば入院中の患者さんにやむを得ず起こる、脳梗塞や深部静脈血栓の発症など医療安全に関わるイベントを早期に予測し対処することで、より安全な医療を提供することが期待されます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望