【荒川 豊】行動認識と行動介入による情報駆動型社会システムの実証

さきがけ研究者

荒川 豊

荒川 豊

奈良先端科学技術大学院大学
情報科学研究科
准教授

研究概要

本研究では、複数のセンサと深層学習を用いたリアルタイム行動認識+予測システムを開発します。また、その予測に基づいて、行動変容を励起するアクティブな情報介入システムを開発します。そして、企業と連携して、それらを実際のフィールドで検証し、情報によって引き起こされる行動変容のパターンを明らかにします。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望