【桐谷 乃輔】分子/二次元無機膜ヘテロ界面における量子伝導の発現と制御

さきがけ研究者

桐谷 乃輔
桐谷 乃輔

大阪府立大学
工学研究科
テニュアトラック助教

研究概要

思いのままに材料の界面を構築する技術の確立は、量子機能の探索効率を劇的に向上させ、量子機能開拓および新奇デバイス作成への貢献が期待されます。その実現に向け、本研究では、分子と二次元性の無機膜の境界面における電荷の相互作用に着目します。分子のもつ設計性や相互作用の特異性と、二次元無機膜が示す原子レベルでの平坦性を掛け合わせることで、高い自由度・設計性・制御性を持つ量子界面の実現を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望