【藤井 啓祐】知的量子設計による量子計算・量子シミュレーションの新機能創出

さきがけ研究者

藤井 啓祐
藤井 啓祐

東京大学
大学院工学系研究科附属光量子科学研究センター
助教

研究概要

量子情報実験技術の向上に伴い、量子コンピュータや量子シミュレータで実現される制御された量子ダイナミクスはますます複雑になってきています。この極限的複雑性を利用し、新たな知見を得て、更なる進展を図るためには、システムを賢く設計し、量子の利点を最大限に利用し、その性能を効率よく検証することが求められています。本研究では、これら知的量子設計の理論的基盤を構築し、量子情報処理の新機能の実現に貢献します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望