【相川 清隆】真空中の浮揚ナノ粒子に対するレーザー冷凍機の開発

さきがけ研究者

相川 清隆
相川 清隆

東京工業大学
理学院
准教授

研究概要

原子・分子より原子数が多く、バルク固体より原子数の少ない試料(メゾスコピック系)は、今なお充分に理解・制御がなされていない未開拓領域です。本課題では、メゾスコピック系の物理を探る新しい舞台として、真空中にレーザー捕捉された浮揚ナノ粒子系を開拓します。粒子の重心運動と内部状態とを量子光学に基づいて制御する技術を発展させ、固体における量子制御やナノ粒子を利用した計測に役立つレーザー冷凍機を実現します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望