【素川 靖司】極低温ドレスト原子集団の超精密制御による非可換トポロジカル量子現象の探索

さきがけ研究者

素川 靖司
素川 靖司

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

レーザー冷却して作られる極低温原子集団は物性現象を研究する究極かつ理想的なプラットフォームとして注目を集めています。本研究では、原子状態間をレーザー光で超高精度に結合して、着衣状態を精緻に量子制御することで、非可換ゲージ場をキーワードにマクロな多体系で現れる新奇なトポロジカルな量子物性を探索します。さらに高エネルギー物理学との接点を探り、その量子シミュレーションも視野に入れて研究します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望