【加藤 真也】量子光学技術を駆使した生物系を含んだ散逸と量子の研究

さきがけ研究者

加藤 真也
加藤 真也

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

本研究では、これまで培われてきた量子光学実験技術とナノフォトニクスデバイスを組み合わせることでこれまでにない量子デバイスを開発します。特に光ファイバーをベースとしたデバイスを応用することで容易に拡張可能な量子系を実現し、生物系とアナロジーを持つような高度な量子系を制御した形で研究する新しい分野を創出します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望