【山本 直樹】フィードバック増幅による量子機能創出

さきがけ研究者

山本 直樹
山本 直樹

慶応義塾大学
理工学部
准教授

研究室ホームページ

研究概要

増幅器とくにオペアンプにフィードバックをかけると、無数の有用機能が実現できます。本研究では、この現代エレクトロニクスの基幹方法論の量子版を展開し、量子情報科学に有用な新機能群の設計理論構築を目指します。例えば、量子能動フィルタや量子微分/積分器なる新機能を多数提案し、それらにより、従来性能を超える超伝導量子ビットの高効率測定や、新規量子アナログ-デジタル変換器の実現などが可能となることを示します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望