【安藤 正浩】ラマン分光スパース解析による生細胞の包括的分子イメージング

さきがけ研究者

安藤 正浩
安藤 正浩

早稲田大学
ナノ・ライフ創新研究機構
次席研究員/研究院講師

研究概要

細胞・細胞集団を非破壊で、何の標識も無しに分子レベル解析する技術の構築は、再生医療や探索的な創薬研究など、多くの医学生物分野の発展につながります。本研究では、あらゆる分子の構造・定量情報を光照射のみから得られるラマン分光法と、スパースモデリングなどによる高度な信号抽出・解析技術を融合し、生きた細胞中で脂質、タンパク質、核酸、糖質、色素、代謝産物などを包括的に非破壊分析する技術基盤を創出します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望